Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

朝ドラ『エール』第77話では、音(二階堂ふみ)が婦人会の克子(峯村リエ)に圧倒される

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『エール』。9月29日放送の第77話では、音(二階堂ふみ)が婦人会の班長・克子(峯村リエ)に圧倒される。 【写真】竹槍を作る音(二階堂ふみ)と吟(松井玲奈)  久志(山崎育三郎)に召集令状が届いた第76話。第77話では、戦争が激しくなるにつれ、音が近所の子供たちを集めて開いている音楽教室は、一人また一人と生徒たちが辞めていってしまう。そして、とうとう生徒は弘哉(山時聡真)だけに。ある日、音は吟(松井玲奈)に連れられて、さぼりがちな婦人会に半ば強制的に参加することになるが、婦人会の班長たちの熱心さに圧倒される。そんな音にある手紙が届き……。  昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一とその妻・音の物語。主演の窪田正孝のほか、二階堂ふみ、中村蒼、山崎育三郎らがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

【関連記事】