Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウーデゴールが帰還したレアル・マドリー、ブラヒムのレンタル移籍は必須か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPORT.es

2019年1月にレアル・マドリー加入したブラヒム・ディアスは爆発的な活躍を見せていない。出場時間は少ないことは事実だが、彼はまだ若い。元マンチェスター・シティの選手は成長を続け、より良い選手として戻ってきてジネディーヌ・ジダンの構想に入るためには退団する必要があることは明らかだ。 ヘタフェがレアル・マドリーの2選手に熱視線...計4選手獲得も レアル・マドリーはブラヒムをレンタルで放出しようと2度試みたが、彼の行き先を見つけることはできていない。マドリーは彼を1700万ユーロ(約21億円)で獲得しているが、それに見合ってはいない。 そして、レアル・ソシエダのレンタル移籍していたマルティン・ウーデゴールが戻ってくることが決定。ノルウェーの神童はソシエダでの最後の年で大きく成長した。 ブラヒム・ディアスには今のところ、グラナダ、ヘタフェ、レアル・ベティスが興味を示している。

SPORT

【関連記事】