Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大阪産業大が試合辞退申し入れ 野球部員1人コロナ陽性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 阪神大学野球連盟は21日、1部リーグに属する大阪産業大(大阪府大東市)が新型コロナウイルス感染の影響により、秋季リーグ戦の同日と22日の大体大戦を辞退したと発表した。大体大は不戦勝で、大産大は不戦敗とした。  19日に大産大から報告を受けた同連盟によると、リーグ戦の出場登録メンバーではない部員1人に陽性反応が出たという。このため大産大から試合出場辞退の申し入れがあり、26、27日の第2節、関西国際大との2試合も出場辞退の見込みと判断している。加門和彦事務局長(67)は「10月3日からの第3節には出場できる可能性がある」と話した。  なお、2部西リーグの兵庫大は大学の方針により、今秋リーグ戦の出場を辞退している。  今秋の阪神大学野球秋季リーグ戦は2試合総当たりのポイント制(勝ち3点、引き分け1点、負け0点)で優勝を争う。入れ替え戦はなく、来春リーグ戦は1部7校で実施される。2部東リーグと2部西リーグのそれぞれ優勝チームが「昇格決定戦」を戦い、勝ったチームが来春1部に昇格する。

【関連記事】