Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が公開延期。新型コロナ影響受け

配信

PHILE WEB

7月23日(木・祝)より公開を予定していた『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の公開延期が発表された。 日本国内における新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けての決定。サンライズは「作品の公開を楽しみにお待ち頂いていた皆様には深くお詫び申し上げます」「スタッフ一同、映画公開がファンの皆様を勇気付けることにつながると信じ、公開に向けてより良い作品をお届けできるよう制作してまいります」とコメントしている。 改めての公開日は決定次第、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式webサイトおよび公式SNSにてアナウンスされる。また、すでに購入済みの前売券ムビチケカード(第1弾・第2弾)については、延期後の上映でも使用が可能。 <ストーリー> 第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年。 U.C.0105——。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」も行っていた。そんな連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始したのが、反地球連邦政府組織「マフティー」だ。リーダーの名は「マフティー・ナビーユ・エリン」。その正体は、一年戦争も戦った連邦軍大佐ブライト・ノアの息子「ハサウェイ」であった。 アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と理想、意志を宿した戦士として道を切り拓こうとするハサウェイだが、連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の美少女ギギ・アンダルシアとの出会いがその運命を大きく変えていく。

編集部:押野 由宇

【関連記事】