Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鈴木京香×映画監督・星野哲也 「ヨルタモリ」でタモリが演じたモデル、喫茶「ベイシー」マスターの魅力に触れる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」5月21日(木)のお客様は、女優の鈴木京香さんと映画監督の星野哲也さんです。星野さんが監督したドキュメンタリー映画「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」を中心に話が進んでいきました。

◆ジャズ喫茶「ベイシー」のドキュメンタリー

鈴木:私、初めて行ったジャズ喫茶が、岩手県一関市にある「ベイシー」だったの。ホッシ(星野哲也さんの呼称)はどういうきっかけで「ベイシー」を知ったの? 星野:それはですね、ジャズトランペッターの渡辺貞夫さんの奥様、ミツコさんと僕たちが「キリン ザ クラブ」というケータリングを一緒にやらせていただいていたんですね。それでミツコさんが「今日、あなたが尊敬している人が来ているから」って連れていかれたら菅原さん(「ベイシー」のマスター)が目の前にいたんですよ。 そのときはね、何を言ったかあんまり覚えていないんですけど。「『ベイシー』は昔からファンですけど、おいそれと行けません」みたいなことを言ったと思うんです。それが1996年。で、「ベイシーに来なさい」って言うので、出たとこ勝負で1人で行きました。京香さんは? 鈴木:私は「愛と平成の色男」って映画でデビューしたんですけど、その映画のロケ地が「ベイシー」だったんですよ。ロケーションにお貸りしたんです。今でも覚えているんだけど、菅原さんが笑顔でずっと楽しそうに見守っていてくださって。出演もちょっとなさったりして(笑)。 素敵なところだなと思っていたけど、その後訪れる機会がなかなかなくて。そうしたら、ホッシに「ベイシー」に行ってきたって話を聞いて。で、今度、(渡辺)貞夫さんのライブが「ベイシー」であるからってホッシが誘ってくれて、再びみんなで行くようになったわけです。 星野:映画(『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』)は、本当は5月29日(金)に封切り予定だったんですけどね。プロデューサーの宮川さんが今駆けずり回って、何とか公開できるように頑張ってくださっているので。 鈴木:私も早く皆さんに観てもらいたいなと思っていました。今回の状況で、じりじりしたところはあるのですが、9月には決まりそうで、それは何よりも良かったですね。 星野:いや本当に。大丈夫だと思います。

【関連記事】