Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

将来は「これが普通に」 元五輪スプリンターがオンラインで感じた子供たちとの絆

配信

THE ANSWER

アテネ五輪出場の伊藤友広氏が岩手・宮古市の小中学生6人の成長を実感

 アテネ五輪の陸上1600メートルリレーで4位入賞した伊藤友広氏が23日、オンライン会議システム「Zoom」上で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。昨年3月から遠隔指導ツール「スマートコーチ」を通じ、かけっこ指導を行ってきた岩手県宮古市の小中学生6人と成果発表に臨んだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響によりオンライン上での開催となったが、伊藤氏は子供たちがこの1年で遂げた成長を大いに喜んだ。 【動画】中井卓大、久保建英も取り組んだ、成長痛が起こる育成年代の膝を守る「チューブバランス後ろ足伸ばし」  東京と宮古を結ぶ距離は約600キロ。昨年11月の中間発表以来となる対面は果たせなかったが、伊藤氏と子供たちが育んだ「繋がり」を感じさせる時間となった。参加した6人の小中学生は、ほぼ全員がオンラインイベントは初体験。初めはやや戸惑った表情を浮かべる子もいたが、「夢応援マイスター」の伊藤氏が「本来はみなさんと一緒に練習をし、成果発表をしたかったです。オンライン上ではありますが、トレーニング動画を用意したので、一緒にトレーニングして楽しみましょう」と声を掛けると、笑顔が咲いた。  コロナ禍により、外で体を動かす機会が減ってしまった子供たち。状況は徐々に緩和してきたが、この先どうなるかは誰にも分からない。そこで、伊藤氏は室内でもできる2種類の「足が速くなるトレーニング」動画を用意し、子供たちとのオンライントレーニングに臨んだ。  1本目は「腕振りのトレーニング動画」だ。速く走るためには、脚だけではなく、実は腕の振りも大きく関係しているという。正しいフォームと間違ったフォームを動画で確認しながら、伊藤氏が伝えたポイントは2つ。「腕と一緒に肩を動かさないこと」と「後ろに腕がきた時にひじを伸ばさないこと」だ。肩が動いてしまっても、ひじが伸びてしまっても、腕を速く振ることはできない。  正しくリズムよく腕が振れるように、ここで伊藤氏から子供たちに課題が与えられた。1分間に300回のリズムを刻むメトロノームに合わせて10秒間、腕を振る練習だ。タッタッタッタッ……。画面で余裕の表情を浮かべる子供たちだったが、続いてチャレンジした1分間に400回のリズムになると必死の様子。その姿を大きな笑顔で見守った伊藤氏は「意外と息が上がりますよね。その場から動かないけど体が温かくなる運動ですし、心肺機能のトレーニングにもなるので、おうちで試して見てください」と声を掛けた。

【関連記事】