Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スポーツ観戦のバーチャル化、新型コロナウイルスにより一気に加速

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

世界各地で新型コロナウイルスの影響が続く中、スポーツ界では徐々に試合が再開されている。しかしその多くは無観客試合や、大幅に観客数を減らした形での開催だ。これまでのようなスタジアム観戦が難しくなる中、VRなどのテクノロジーを使ったバーチャルでの観戦の在り方が大きく進化しようとしている。 ウィズコロナ、アフターコロナのスポーツ観戦はどのように変わっていくのか、その未来像を探ってみよう。

リモート観戦での声援がリアルタイムでスタジアムに届く

無観客試合で最も違和感が生じるのは、観客席からの声援が無く、スタジアムが静まり返っていることだろう。既に野球やサッカーの試合では、過去の試合で録音された応援音声や、公式ゲームで使われている歓声やブーイングなどの音声データをスタジアムに流したり、中継映像に被せたりといった取り組みが行われている。 とはいえ、あくまでもこれはスタジアムの音響担当や放送局が手元にある音声データを流しているだけであり、その試合を観ているファンが発した声援ではない。偽物感が強いというネガティブな感想があるのも事実だ。 そんな中、自宅などでリモート観戦をしているファンのリアクションを、リアルタイムで反映させるシステムが、現在急ピッチで開発されている。 まずこの分野で世界の注目を集めているのが、日本のヤマハだ。ヤマハはリモート応援システム「Remote Cheerer powered by SoundUD(リモートチアラー パワード バイ サウンドユーディー)」を開発中で、2020年5月からJリーグクラブやプロ野球球団と提携し、実用化に向け実証実験を進めている。 このシステムでは、リモート観戦者がアプリを操作することで、拍手や声援といったアクションをスタジアムに届けることができる。アクションは「歓声」「拍手」「声援」「ブーイング」、さらに主催者のカスタマイズによってチームの応援歌や選手名なども選択肢に加えることができる。リモート視聴者がボタンを押した回数や人数によって、試合会場のスピーカーから流れる歓声の大きさや盛り上がり方も変わるという。 既にJリーグの26クラブ、プロ野球では阪神タイガース、千葉ロッテマリーンズと提携し、テレビ・ラジオ・ストリーミングを通じたバーチャル応援の実証実験にトライしている。

【関連記事】