Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

清宮幸太郎、ロメロ、中村剛也… パ・リーグ6球団「六番打者事情」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

北海道日本ハムファイターズ

 日本ハム打線の中にあって流動的で、一番のウイークポイントになっているのが六番打者だ。開幕は渡邉諒で迎えたが、4試合目には清宮幸太郎となり、その後もビヤヌエバ、大田泰示、横尾俊建らが務めて固定できずにいる。その中でチームトップの13試合で六番で起用されているのは清宮。栗山英樹監督はプロ3年目を迎えた若きスラッガーの覚醒に大きな期待を寄せているが、ここまで打率.159、3本塁打、6打点、得点圏打率に至っては.069とチャンスで凡打するシーンを繰り返している。試合の行方を左右するポイントゲッターにもなる六番打者の選定、さらには清宮の奮起が待たれる。 【連続写真】日本ハム・清宮幸太郎 特徴を生かすためにも素直にステップして前に出てみては?

東北楽天ゴールデンイーグルス

 多少の変動はあるものの、ここまで主に六番に座っているのが、今季から楽天に加わったロメロだ。オリックスで3シーズンを過ごした経験をベースに、打線の中で存在感を示している。7本塁打、長打率.581はいずれも主砲・浅村栄斗に次ぐチーム2位の数字だ。ただ、7月26日までのオリックス6連戦では引き分けを挟んで4連敗を喫するなど、打線全体の調子は下降気味。25日には浅村が今季初めて四番を外れ、ロメロが四番に入った。序盤戦で首位を走ったチームの立役者でもあるロメロが、チームを引っ張ってくれそうだ。

福岡ソフトバンクホークス

 クリーンアップの四番、五番が固定できない影響を受けて、六番も開幕から起用人数を増やしている。7月27日現在、6選手が座り、直近では打撃不振で打順を落としたバレンティンの定位置となりつつある。そのバレンティンは六番に降格してからもなかなか調子を上げられずに、打率1割台ともがく日々。7月24日の日本ハム戦(PayPayドーム)では自打球を足に当てる不運なアクシデントにも見舞われた。幸い大事には至らず、1試合欠場したのみですぐにスタメン復帰したが、8月にはグラシアル、デスパイネのキューバコンビがチームに合流予定。外国人枠の問題はないものの、ポジションの問題で、このままでは取って代わられる可能性も……。何とか復調のきっかけをつかみたいところだ。

【関連記事】