Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

KDDIら、自動運転バスの実証実験へ 遠隔装置などを活用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

茨城交通、みちのりホールディングス (以下、みちのりHD)、日立市、茨城県、住友電気工業(以下、住友電工)、パイオニアスマートセンシングイノベーションズ(以下、PSSI)、小糸製作所 、コイト電工、KDDI総合研究所は、10月上旬から21年3月上旬 (実証実験準備期間を含む)のうち13週間で中型バスを用いた自動運転走行実証実験を予定していると発表した。 同事業は、経済産業省・国土交通省の事業 を受託した国立研究開発法人産業技術総合研究所より2019年度に「中型自動運転バスによる実証実験」を実施するバス運行事業者に選定され、実施するもの。 今回は、2018年に2週間実施した「ラストマイル自動走行の実証評価 (日立市)」に続く2回目の走行実証実験であり、自動運転車両と通信を行う路側センサーと遠隔監視装置の以下検証を行うという。

路側センサー

専用道区間や一般道区間において、自動運転車両から見通しの悪い場所に、各種光学センサーや電波センサーを活用した路側センサーを敷設し、自動運転車両と通信することで、自動運転車両の死角を減らすという。 これらの路側センサーと前回実証にて検証した信号協調システムが連携することで、自動運転バスが安全に走行できる走行環境の構築とスムーズな定時走行を目指すとのことだ。 これら路側センサーの設置は、住友電工、PSSI、小糸製作所、コイト電工の協力のもと実施するとしている。

遠隔監視装置

路側センサーや信号協調システムとの連携を含めた自動運転バスの円滑な運行を支援するためKDDI、KDDI総合研究所から遠隔監視装置と遠隔に情報を送信するための通信環境を提供する。 遠隔監視装置では、自動運転バスの走行状況をカメラ映像や各種状態情報で確認することに加えて、車外に設置する路側センサーの稼働状態もモニタリングすることで、将来、自動運転バスが運行する際の運行管理のあり方についても検証を進める。 ひたちBRTは、2019年3月に第2期の延伸工事を完了し、道の駅日立おさかなセンターとJR常磐線常陸多賀駅の間を結ぶ専用道区間 (約6km)を含む路線長が約9kmの路線になっており、年間約53万人が利用している。 実証実験では、前回の約3.2kmから大幅に延伸した新たな路線にて、通常の路線バスのダイヤに追加して自動運転バスのダイヤを設定し運行。 一般の利用者が広く利用する環境を作ることで、特別な移動手段ではなく通常の移動手段としてより多くの利用者に乗車してもらい、2022年以降の本格的な商用運行に向けた課題抽出を進めることを目指す。

【関連記事】