Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「Withコロナ」で変わるオフィス環境、社員のコミュニケーションを最大化するには? フレックスワーク先進国・オランダに学ぶ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

新型コロナウイルスの影響で半ば強制的に進んだ日本のリモートワーク。現在は出社とリモートワークを上手に使い分けている人もいるようだが、オフィス環境は昔のまま。せっかく出社しても、固定席に座る社員同士がコミュニケーションを取ることなく、黙々と仕事をして帰る……というような場面も多くみられるようだ。 「出社するメリットは何か?」を問う時、改めて気づかされるのがオフィスでのコミュニケーションの大切さ。何気ない雑談から生まれるインスピレーションも少なくないだろう。社員間のコミュニケーションが活性化されるようなオフィス環境とはどのようなものだろうか?また、従業員の結束を生むためにはどのような工夫が必要なのだろうか? フレックスワーク先進国のオランダで、政府系経済開発組織「ブラバント州開発会社(BOM)」のEdwin Zonder(エドウィン・ゾンダー)氏とBram van den Hoogen(ブラム・ファンデンホーヘン)氏に話を聞いた。

コミュニケーションを生むオープンな空間

ガラス張りの正面入り口を入ると、そこは吹き抜けの玄関ホール。大きな窓やガラスの壁を通して外の緑や日の光が入り込み、開放的な雰囲気がつくられている。レセプションコーナーにはコーヒーマシンが設置されていて、各自がコーヒーを飲めるようなちょっとしたラウンジもある。その少し奥には「ワーク・カフェ」と呼ばれるカフェテリアがあり、各自が家から持ってきたサンドイッチをここで食べたり、ラップトップを広げてコーヒーを飲みながら仕事をしたりする。 仕事場はオープンスペース。パーテーションや小部屋に区切られることなく、高さが調節できる机や椅子が並べられ、それぞれの机の上にはスクリーンがあるのみ。固定席はなく、各自が自分のキーボードを持って毎回好きな席に座れる「フリーアドレス」になっている。もちろん固定電話はない。オフィスのところどころには、ガラスの壁で仕切られた会議室や2人だけでミーティングができる小部屋も。1人だけで静かに仕事をしたい人や、逆に誰かと電話で話をしたり、オンラインミーティングをしたい人のための「1人部屋」も用意されている。

【関連記事】