Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BiSHセントチヒロ・チッチ、銀杏BOYZを聴いたときの衝撃「私はもっと広い世界を見られる」

配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。ビールを飲みながら、クリスとゲストが音楽談義を繰り広げる番組だ。 【画像】BiSHアイナ&チッチと、アンジャッシュ・渡部建 5月29日(金)のオンエアでは、BiSHのセントチヒロ・チッチが出演。音楽にのめり込んだきっかけや、高校時代のバンド活動を語った。新型コロナウイルス感染防止のためリモートでお届けした。

いじめられた時期、音楽が一緒に闘ってくれた

ふたりは今回が初対面。クリスは「時代のせいか、因果な出会い方ですね」と感想を述べつつトークがスタート。まずは、セントチヒロ・チッチが音楽に没頭したきっかけを訊いた。 クリス:出身は東京なんですか? セントチヒロ・チッチ:東京の八王子出身です。 クリス:八王子は松任谷由実さんからマキシマム ザ ホルモンまで、すごいシーンですよね。 セントチヒロ・チッチ:ライブハウスもあるし、音楽業界の先輩がたくさんいらっしゃいますね。 クリス:チッチさんは小さいころから音楽が好きな子だったんですか? セントチヒロ・チッチ:そうですね。でも最初に音楽にのめり込んだのは、高校生のとき。自分のなかでは濃く音楽にのめり込んだな、という記憶があります。 クリス:なにがきっかけだったんですか? セントチヒロ・チッチ:小学校・中学校のときに人間関係がうまくいかなくて、「いっぱい勉強をして嫌な人がいない高校に行こう!」と思って勉強して(高校に)入りました。人間関係をまた始めるのに時間がかかったんですけど、そのときに自分を一番人間らしくしてくれたのが音楽です。そのころ私を育ててくれた曲、寄り添ってくれた曲が人生を変えてくれました。 クリス:音楽からどんな力を得たんですか? 自分のなかでは孤立していた感じがあったのかな。 セントチヒロ・チッチ:そうですね。いじめられたり、今もきっとそういう人がいると思うんですけど。私は音楽に救われて、「苦しい」じゃなくて、音楽が一緒に頭のなかでいっぱい闘って発散したり、音楽を生きる糧にしていました。音楽があるから私は生きていこうって思えました。

【関連記事】