Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「国をも動かす」ラッシュフォードだけではない 社会問題と向き合うフットボーラー以上の存在

配信

REAL SPORTS

イギリスにおいて「フットボール」は特別な存在だ。平時は、スタジアムで熱い戦いを繰り広げることで、日常に熱狂をもたらし、人々に生きがいを与えている。そして今回の新型コロナウイルス禍のような社会的危機下では、クラブや選手はさまざまな援助を無償で行い、実質的にも社会に大きく貢献している。もちろん彼らの社会貢献は金銭面の援助だけではない。その影響力を活用して人種差別撲滅などのさまざまなメッセージをも発信している。そこで今回は、非常時だからこそ際立つイングランドフットボールの、ポジティブな社会的影響に関する実例を取り上げていきたい。 (文=内藤秀明(編集協力=小津那)、写真=Getty Images)

一人のサッカー選手が国を動かす

今回の新型コロナウイルス禍で、イギリスはさまざまな社会的課題を露呈した。真っ先に思い浮かぶのはロックダウンによる収入減だろうか。多くのイギリスの企業が、倒産を防ぐために、従業員たちを一時解雇したのだ。ただ、イギリスには一時解雇された従業員たちが平時の給料の80%を政府から受け取ることができる一時帰休の制度はある。とはいえ、平時から生活困難である層は、この社会的危機でさらなる困難に直面していることも事実だ。低所得者向け給付金の申請数も急増。4月だけでも85万人が給付を申請し、1996年以降初めて受給者が200万人を超えるという深刻な事態になっている。これまでも多かった貧困家庭は、さらに急増していることが予測される。 そんな低所得者層にとって苦しい状況にもかかわらず、政府は貧困家庭救済のために学校給食を無料にする制度を学年の終わる7月で終了させる予定としていた。 そもそもイギリスでは、全児童の30%にあたる420万人が貧困の状況にある。2000年以降、子どもの貧困率はおおむね30%の横ばいで改善は見られない。 そんな背景もあり、今回のパンデミックで、社会的支援を必要としている家庭の児童に対しては、自宅にいながら給食を受け取ることができる制度を設けていた。 数多くの学校が休校または通学する学生を大幅に減らす措置をとっており、通常では、欠席の学生や休校中には衛生面での懸念があり給食を自宅に届けることはしていない。とはいえ貧困家庭にとって、給食支給による食費削減は非常に重要な存在だ。だからこそ政府は今回を緊急事態と判断したのだ。 この流れで、多くの市民は、夏休みなどの長期休みでも給食を支援してもらえることを期待していたのだが、政府は予算の兼ね合いもあり、夏休みの期間中を支給対象外とする判断を下した。 これに対して立ち上がったのは、マンチェスター・ユナイテッドに所属するマーカス・ラッシュフォードだ。 ユナイテッドのゴールスコアラーは、リーグ再開後に向けてロックダウン中も粛々と自身のトレーニングに励むだけでなく、慈善団体「FareShare」と協力し、貧困家庭などに対して300万食分の食事を確保するため、2000万ポンド(約26億8000万円)の寄付を集めていた。 さらにラッシュフォードは、6月15日に下院議員宛の公開書簡を発表し、夏休み中も脆弱な子どもたちが引き続きこの支援を受けられるよう、政府に方針の変更を訴えた。 公開書簡の中で、子どもの頃に学校の無料給食やフードバンクを利用していた自身の経験を語り、「イングランドの家庭では身近なことだ」と述べていた。そう、ラッシュフォード自身も裕福とはいえない幼少期を過ごしていたのだ。 今やイングランド代表にまで上り詰めた22歳は、母子家庭で育っており、出生証明書に父親の名前はないほどの複雑な家庭環境だった。母親はレジ係で稼いだ生活費で5人の子どもを養う必要のある苦しい家計状況でもあったという。

【関連記事】