Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ゲームギアミクロ」は4色それぞれ4タイトル収録 10月6日発売

配信

ITmedia NEWS

 セガは6月3日、往年の携帯ゲーム機「ゲームギア」を手にひらに収まるサイズで再現した「ゲームギアミクロ」を発表した。4色のボディーにそれぞれ異なる4つのゲームを収録した「遊べるマスコット」。ゲームギア発売30周年となる10月6日からAmazon、楽天ブックス、セガストアなどで販売する。価格は各4980円(税別)。 【画像】ブラックは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「ぷよぷよ通」「アウトラン」などを収録  当時のデザインはほぼそのままにタブレット菓子のケース程度に小型化した。対角1.15インチのカラー液晶ディスプレイと本体のボタンで実際にゲームをプレイできる。電源は単四形乾電池2本で、USBケーブルで給電しながらでも遊べる。  カラーバリエーションは、ブラック、レッド、イエロー、ブルー。「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「ぷよぷよ通」「コラムス」など当時の名作ゲームをジャンルごとに4本ずつ収録した。先に発売した「メガドライブミニ」同様、中断セーブ機能を搭載している。  外形寸法は約80(幅)×43(高さ)×20(奥行き)mm。本体にモノラルスピーカーやヘッドフォン端子(ステレオ)を備えている。またゲームギアミクロを4色同時に購入すると、本体前面に取り付け画面を大きく見せる「BIG WINDOW MICRO」をプレゼントするという。  開発にあたっては2018年に発売したメガドライブミニの開発スタッフが再結集。ソフトウェア部分は引き続きエムツーが担当した。

ITmedia NEWS

【関連記事】