Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スライド式保存袋に「子供」ニーズを発見 販売数が競合品の5倍

配信

日経クロストレンド

 アスクルの商品開発の裏側に迫る本連載。今回は、キッチン以外での利用が拡大しているスライド式保存袋を取り上げる。さまざまなものを収納するのに便利だが、メーカーごとにサイズがばらばらで分かりにくいといった問題があった。これを解決した商品が好調に売れている。 【関連画像】バッグのパッケージには、クラフト紙を使ったシンプルなデザインを採用。他のキッチン用品と統一している  キッチンで使われることが多いビニール製の保存袋。食材の保存以外の用途でも使うケースが増えている。保存袋には大きく2つの種類がある。1つは、開口部の溝を指で押さえて閉じるフリーザーバッグ。もう1つは、開口部に付いたプラスチックのつまみをファスナーのようにスライドさせて開閉するスライダーバッグだ。  アスクルが運営するECサイト「LOHACO(ロハコ)」では、フリーザーバッグとスライダーバッグのどちらも売り上げを伸ばしている。販売額と数量が多いのは、種類が豊富で単価の安いフリーザーバッグだが、スライダーバッグは伸びが顕著だった。「ロハコでのスライダーバッグの販売額は前年比約120%だった」と開発を当時担当した丹後和志氏(現マーチャンダイジング本部)は話す。ロハコは、フリーザーバッグのオリジナル商品を販売していたが、2013年9月に開発したもので現状のニーズとは必ずしもマッチしていなかった。そのため、丹後氏はこれらを現在のニーズに対応させるためリニューアルすることにした。  まず、他社の商品を分析した。この分野では、旭化成ホームプロダクツの「ジップロック」は知名度が高く、多くの商品を投入している。また家具販売のIKEAのシンプルな柄付き商品も人気がある。こうした他メーカーの商品を調べると、フリーザーバッグでは、サイズや素材の厚さのバリエーションが豊富なのに対して、スライダーバッグは種類が少ないこと分かった。またサイズはM、Lなどと表記されているが、メーカーごとに寸法がばらばらでユーザーにとって分かりにくいという問題もあった。  フリーザーバッグに比べてスライダーバッグの種類が少ない要因の1つに、コストがある。プラスチック部品を付けるため、フリーザーバッグに比べて、製造コストが数円程度上がってしまう。フリーザーバッグとスライダーバッグはどちらも食材などの保存袋としての機能に大きな違いはない。そのため、ユーザーは、より安価なフリーザーバッグを選ぶ傾向があった。半面、スライダーバッグは競合が少ないことから、付加価値を持つ商品を開発できれば市場を開拓できる可能性もある。  商品のニーズを探るため、販売数量が多いフリーザーバッグのユーザーレビューを分析することにした。ロハコに投稿された約750件のレビューから単語を抽出し、それらの関連を示すワードマップを作成した(下)。

【関連記事】