Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「声優の演技力がすごいアニメ」3選 イケボ、萌え声だけでない“凄まじさ”を感じさせる

配信

マグミクス

演技力の高さに目が離せなくなる! 声優たちの演技の数々…

 アニメのキャラクターたちに命を吹き込む「声優」という仕事。何気なく観ていたつもりがいつの間にか物語の世界に引き込まれ、キャラクターたちと同じ目線に立っている…。そこには映像のクオリティももちろん必要ですが、やっぱりそれ以上に、声優さんとキャラクターの相性、そして演技力が大きな影響を与えているといえます。 【動画】声優・石田彰さんの見事な演技を見る  そしてたまに、声優さんの声とキャラクターが完全に一体化していて、そのあまりに真に迫る演技に鳥肌が立つことがあります。そういった作品に出会えると、改めて声優という仕事のすごさ、その作品を観られる幸せを実感せずにはいられません。そこで今回は、そんな「声優の演技力がすごいアニメ」を3つご紹介します。

●『昭和元禄落語心中』  ひとつめは、『昭和元禄落語心中』。講談社が刊行するコミック雑誌「ITAN」にて連載されていたマンガ『昭和元禄落語心中』(雲田はるこ/講談社)が原作となっています。アニメは第1期として2016年1月~4月、第2期として2017年1月~3月と2回にわたって放送され、2018年にはNHKでドラマ化もされています。  本作品は、戦前からバブル以降までの落語の世界、そして落語に関わる人間たちやその恋模様を中心に描いた物語。ある日、刑務所から出所後落語をするべく落語家・有楽亭八雲(CV:石田彰)の元を訪れた与太郎(CV:関智一)。どうにか弟子にしてもらえた与太郎は、かつて八雲とともに落語をしていた助六(CV:山寺宏一)の落語に惚れてしまいます。それを知った八雲は、助六との思い出を語り始めて――。  落語経験者である関さん、落語好きだという石田さんの落語シーンの演技力もさることながら、作品全体が落語のような独特のリズム感を持って演じられるのが印象的。石田さん、関さん、山寺さん、そして小夏役の小林ゆうさん、みよ吉役の林原めぐみさんなど豪華声優陣の本気の演技が楽しめます。また、石田さんが演じる八雲の声が年を重ねるごとに見事に変わっていく様子に、「ベテランの実力を見せつけられた」と放送当時、話題となりました。

【関連記事】