Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

恋愛AIナビを社員の福利厚生に、九経連とエールが提携

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

九州経済連合会(九経連)は、加盟企業の独身社員の出会いを促進するため、AI(人工知能)を活用した恋愛ナビゲーションアプリと提携した。経済団体と出会い系アプリという意外な組み合わせ……その背景には、地方経済にとって、人口減少の抑止が喫緊の課題であるという危機感がある。 【全画像をみる】恋愛AIナビを社員の福利厚生に、九経連とエールが提携

業界団体が主導する「婚機創出事業」

九経連が9月17日に開始した「婚機創出事業」は、スタートアップのAILL(エール)と共同で実施するもの。九経連の加盟社約1030社の正社員の独身者が、福利厚生として、このサービスを利用できる。 マッチングアプリには、エールが提供する恋愛AIナビアプリ「Aill(エール)」を利用する。 最大の特徴は、通常のマッチングアプリと異なり、利用者が対象企業の社員かどうかを確認してから登録できることだ(公開されるのは双方の業種のみで、会社名は表示されない。個人情報を保護しつつ、一定の身元確認として機能を狙う)。こういった利用者の「安全・安心」という面からも、九経連が導入を決めた。加盟企業の社員は、「Aill(エール)」に登録すると、社外の独身者とマッチングができる。 なお、サービスに登録したことが自社に知られることはなく、秘匿性は遵守しているという。

AIが恋愛成就をサポート

最大の特徴は、アプリを通じてメッセージのやり取りをする際に、AIがナビとなって助言すること。 デートに誘うタイミングや、趣味の話をする際など、どのタイミングでどのように話を進めれば、うまくいきやすくなるかを、AIナビがアドバイスするという。 エールの開発には、ナビゲートエンジン開発で北海道大学の川村秀憲教授が、AIシステム設計で東京大学の松原仁教授、データ分析で東京大学の鳥海不二夫准教授が関わっている。 エールは2019年、大手企業11社でトライアルを実施。AIナビによるアシストの効果で、マッチングした相手との直接対面によるデートへの進捗率が4倍に上がったという。

業界団体の「人口減少に対する危機感」

九経連が恋愛アプリとの提携を行った背景について、九経連の観光・サービス産業部、升本喜之部長は、人口減少があるとした。 「根源は人口減少問題。減少が非常に大きい。九州では、自然増減、社会増減とあるが、社会増減が転出が転入を上回っている。このまま九州域内の人口減少が進めば、現在約1300万人の人口が、30年後には1000万人をきるかもしれない。人口が減ると、経済の停滞や、社会基盤であるインフラが作れなくなる。また、社会基盤の問題は、雇用の問題、福利厚生の問題だったりする」 2018年の人口動態統計によると、婚姻率(年間婚姻届出件数を10月1日現在日本人人口で割り、1000を掛ける)の全国平均は4.7%で、九州では福岡県と沖縄県以外、軒並み下回っている。 また、九州の生産年齢の人口は全国平均より下回っており、こういった背景も九経連には危機感に結びついている。 従来から経済界と行政が一緒になって、婚活パーティーなどに取り組んではいた。しかし、場所、時間、集まる人数などでどうしても制限があった。 「加盟している事業社の中で出会いを進め、まずは九州域内での婚機を創出していきたい。必ずしも結婚をゴールにしているわけではないが、まずは男女の出会い。一番の根源にこの事業は踏み込んでみたい」(升本部長)

【関連記事】