Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レジスタンスバンドを使うだけ! “二の腕痩せ“に効く4つの方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

短時間のウォーキングワークアウトをすれば、ぷるぷるな二の腕を引き締めることができる! レジスタンスバンドさえあれば、上半身も鍛えられて一石二鳥。今回は簡単に二の腕痩せできる、トレーニング方法をご紹介。 【写真】二の腕をムキムキにせずに引き締める5種類のエクササイズ

ワークアウトのやり方

4分間の軽いウォーキングをしてから、中くらいまでペースを上げて最初のエクササイズを25回。それが終わったら、レジスタンスバンドを首から下げて2分間の早歩き。2つ目以降のエクササイズも25回+早歩きをセットで。エクササイズを全て終えたら、4分間の軽いウォーキングでクールダウン。 レジスタンスバンドを短く持てば難易度が高くなり、長く持てば難易度が低くなる。自分のレベルに合わせて活用してみて!

1.チェストサークル

レジスタンスバンドを背中に巻きつけ、腕を前に伸ばして手首を交差させる。 腕を左右に開いてヒジを曲げ、手を胸の前に持ってくる。腕を前に伸ばしたら、反対の手首を上にしてリピート。

2.ショルダーシェイパー

レジスタンスバンドを背中に巻きつける。手のひらを上にしてバンドを持ち、腰の横でヒジを曲げ、前腕を外に開く。 肩を下げて後ろに引いた状態で、両手を肩の高さに押し上げ、ヒジを伸ばす。ゆっくりと両手を下ろしてスタートポジションに戻る。

3.バックプルダウン

レジスタンスバンドを頭上で左右に引っ張る。ヒジを軽く曲げたまま腕を下げ、バンドを頭の後ろに下ろす。スタートポジションにゆっくり戻る。

4.トライセップトナー

レジスタンバンドを肩の前で左右に引っ張り、ヒジを90度に曲げる。上腕を動かさずに前腕を左右に開く。スタートポジションにゆっくり戻る。 ※この記事は、アメリカ版『Prevention』から翻訳されました。

【関連記事】