Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

札幌の動物園に支援殺到 注目浴びる理由は、斬新なリターン「ライオンダメージジーンズ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KAI-YOU.net

北海道札幌市の体験型テーマパーク・ノースサファリサッポロが公開しているクラウドファンディングが斬新だ。 【画像】エリアによっては誓約書が必要な、大胆な動物園 特に注目は、リターンの一つである「ライオンダメージジーンズ」。 ノースサファリサッポロに暮らすライオンが爪や牙でひっかいてダメージを与えたジーンズをリターンとして送るもので、動物園ならではのリターンだと反響が集まっている。

フィッシャーズや東海オンエアも来園、ノースサファリサッポロ

体験型テーマパークの名前の通り、様々な動物に直接触れることができる動物園のノースサファリサッポロ。 フクロウや小型の可愛らしい動物と触れ合えるコーナーはもちろん、大型肉食動物であろうが毒を持つ動物であろうが、かなり近くまで接近できる展示方法を取っている。 これまでにも様々なメディアで取りあげられており、Fischer's-フィッシャーズ-や東海オンエアといった人気YouTuberの動画にも登場している。 そんなノースサファリサッポロが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で存続も危ぶまれる状況だということで、動物たちの飼育費や医療費などを募るために始めたクラウドファンディング。 5月16日にスタートし、6月8日までに約4000人の支援者を集めて目標金額の2500万円を達成し、現在は2700万円を超えている。 冒頭で述べたライオンによるダメージジーンズのほかに、ヘビの抜殻を使ってつくられたキーホルダーやピアス、自然に抜け落ちたインコの羽根を使ってつくられたピアス、動物が描いた絵や、動物の手形が付いた色紙など、動物園ならではのリターンが目白押しだ。 6月1日にやっと営業を再開したところで、まだまだ支援を必要としているのは確か。6月29日までクラウドファンディングが公開されているので、気になる人はページを覗いてみよう。 ちなみにダメージジーンズは、ダメージの度合いはライオンしだいで変わるそう。

Yuuki Honda

【関連記事】