Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

雰囲気を作る存在感――、emma

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

<写窓の人>  真っ赤なドレス。レースの下に輝くネックレス。真紅の口紅。華やかなイヤリング。  左右を振りむいときに見える、1本にまとめた長い後ろ髪。  左には英勉監督、右には森崎ウィン。  両者を見ながら笑顔を見せる。心の底から楽しんでいるように見える。  『妖怪人間ベラ』の初日舞台挨拶。この日を迎えた喜びからか、終始笑顔だった。  そういえば、フォトブックの発売を記念して行った会見の時も終始笑顔だった。  ランウェイを歩いている時とは異なる柔らかい表情だ。  そんな彼女が本作では、妖怪人間のベラを演じた。それも女子高生という新たな年齢設定だ。難しい役どころを彼女は演じ切った。  決してセリフが多いわけではない。だからこそ難しい。演じる上で意識したのは「雰囲気」。目だけで怖いと思わせる雰囲気作りは、モデルとしての所作が役に立ったそうだ。  怖さ滲み出るベラ、そしてクールに歩くランウェイとは異なるこの日の笑顔は、その場の雰囲気を明るいものとさせていた。

【関連記事】