Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アクラフのレアル・マドリーへの復帰が近づく...代理人が明言

配信

SPORT.es

アクラフ・ハキミの将来は、ブンデスリーガ、ボルシア・ドルトムントでの2年間のローンが終わりを迎え、レアル・マドリーに近づいていると代理人のアレハンドロ・カマニョが『Onda Madrid』で語っている。 ネイマール、ブラジルの人気歌手に過去の性的関係を暴露される スペイン出身のモロッコ代表ディフェンダーは、プロデビューから3年後のホワイトクラブ復帰を希望している。 「彼はチャンピオンシップが終わったらレアル・マドリーに加入するだろうが、その後どうなるかは見守ることになるだろう。彼は今年のように、全ての試合に先発として出場することを念頭に置いている。ただし、このような方法でプレーすることに急ぐことはない」とカマニョは述べている。 アクラフの代理人は、ドイツサッカーでの経験は同選手の財産になったと絶賛している。「ドルトムントは、スタジアムのプレッシャーや雰囲気から、いつかベルナベウでプレーするために理想的な場所だった」 「アシュラフは別の選手だ。マドリーとの壮大な対話があり、彼らは常に気にかけている。彼の目標はいつかマドリーでプレーすることだというのを忘れてはならない。彼にとって、レアル・マドリーは世界最高のチームだ」とカマニョは締めくくった。

SPORT

【関連記事】