Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レジ袋有料化スタート 消費者は?店は?/岩手

配信

IBC岩手放送

IBC岩手放送

 1日から全国の小売店でプラスチック製のレジ袋が有料となりました。岩手県内のスーパーではマイバッグやマイバスケットを持参する人が目立つ一方、初日ならではのハプニングもありました。 「7月1日よりレジ袋が有料となっております」  盛岡市内のスーパーでは1日から、レジ袋や寿司用の袋、ビニール風呂敷を1枚3円で販売。先月から店内でポスターなどを通して知らせていたこともあって、多くの買い物客がマイバッグなどを持ってきていました。 (バッグを持参した人) 「きのうまではビニール袋を使って、きょうからこれ(マイバッグ)」 「ずっと前からこうやって(マイバッグを)持ち歩いている。海でプカプカ浮いているようなごみが少しでも減れば良い。みんながそういうことを考えるようになる」  この店ではレジ袋を一律3円にして、これまで使っていた一番大きなサイズのレジ袋を廃止しました。袋を持参しなかった人の中には、有料化ゆえのこんなことも…。 (バッグを持参しなかった人) 「(レジ袋を)2つ買うのもったいないから1つで何とか…(何とかなりそうですか?)何とかなりました。(どうでしょう?きょうからの有料化?)今度は袋持ってこようかと思った」  こちらの男性は会計をした後、袋がないことに気付きました。慌ててレジへ戻り、レジ袋を購入です。 (バッグを持参しなかった人) 「全然気づいてなくて、自分でもあーって思って。前みたいに(レジ袋が)大きくないので2つ買いました(今後はどうしましょう?)持ってくるのを検討するかもしれません」  引き続きレジ袋を使う人は慣れるまで少し大変そうです。 (マイヤ仙北店・菊池光輝副店長) 「お客様一人一人の意識のもとで成り立つと思いますので、地球環境を考えるきっかけになってほしいと思います」  このスーパーでは県内に展開する18店舗で今後、7割のレジ袋削減を見込んでいます。

【関連記事】