Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“密”を避けるデジタルスタンプラリーが観光地を救う? 「afterコロナ」見据えたその仕組み

配信

FNNプライムオンライン

“密”を回避しつつ楽しむスタンプラリー

新型コロナウイルスの脅威が未だ収束の兆しを見せない現在。 都道府県をまたぐ移動の自粛の全国的な解除、また国内旅行代金の半額を補助する「Go To Travelキャンペーン」など、大打撃を受けた観光での消費をうながす新サービスも打ち出されているが、7月9日の東京都内の新規感染者数は過去最高の224人となるなど、“第2波”への懸念は拭い去れない。 【画像】参加者の動きをデータで把握できる 今後も引き続き感染対策が求められるが、そんな中、“密”を避けつつ観光を楽しめるというスタンプラリーが登場した。 ボールドライト株式会社が発信する「プラチナラリー」は、Webブラウザで見られる「“地域活性特化型​”デジタルスタンプラリー」だ。 同社のオリジナルマップ作成ソリューション「プラチナマップ」上で提供されるため、アプリのダウンロードなどの必要はない。 地域観光促進のために自治体や観光事業者などへの提供を想定しているが、この「プラチナラリー」の参加者は、指定されたスポットを巡ってスタンプを集める、というおなじみの“スタンプラリー”を楽しむものだが、スタンプ用紙の代わりにスマートフォンを使って企画に参加する。 各スポットにはQRコードやキーワードを掲示し、それをスマートフォンで読み取ったり、スポットに到着したらGPS機能で検知することで、スマホ画面上に“スタンプ”を集めることができる。 同社によると、現在開催されるスタンプラリーの約77%が紙を使ったものだということだが、スタンプをなくすことで、不特定多数の人が同じスタンプに触れることを防止したり、消毒などの必要がなくなるというのが「プラチナラリー」のひとつのポイントだ。 もう一点「プラチナラリー」の特徴なのが、特定スポットへの密集を避け「スタンプラリーを楽しむ観光客を分散」させることができるということ。 「プラチナラリー」では、参加者の年代や性別などの属性・行動記録・時間帯別分布などのデータを収集することで“密”なスポットをピックアップし、そのスポットから遠いエリアにスタンプラリーを設置するなどの対策ができるという。 たしかに“密”を回避するように動けるなら、参加者としても安心である上、スタンプラリー参加者以外の観光客にも嬉しいだろう。 しかし、人の集中具合をコントロールするためには、まさかスタンプの設置場所をリアルタイムで動かし続けなくてはいけないのだろうか? 「プラチナラリー」の詳しい仕組みと“withコロナ時代”の観光について、ボールドライト株式会社にお話を伺った。

【関連記事】