Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人生100年時代の「スマートエージング」というコンセプト~デジタルテクノロジーが人間味を帯び始めた

配信

AMP[アンプ]

人々の平均寿命が延び、人生100年時代と言われる昨今。60歳で定年退職し、余生はゆっくり過ごすというこれまでの一般的な人生プランの概念が崩れかけている。日本でも年金の支給年齢は60歳から今や65歳へと後送りにされており、これからさらに繰り下げられるとの見方もあるほどだ。 こうした中、海外では余生をゆっくり過ごすのではなく、テクノロジーを活用してスマートに過ごす「スマートエージング」という言葉が聞かれるようになっている。

米国で増加する団塊の世代、アクティブシニア

米国のAARP(米国退職者協会)によると50歳以上の経済活動は7兆6000億ドル規模にのぼり、2050年までには50歳以上の人口が倍以上に増加することから、経済規模は拡大の一方だと試算している。 団塊の世代は、これまでの高齢者とは違い、アクティブに自立した老後を送りたいと考えている世代であり、こうした世代をはじめ今後も成長する分野を称して「アクティブ・エージング産業」と呼ばれ注目を集めている。 しばしば、シニア世代とは相容れないものと決めつけられがちなテクノロジー。しかし、これらの技術を利用して身近なシニア世代を援助したいと思う気持ちから始まるイノベーションも多い。 例えば、アルツハイマー型認知症を発症した50代の母親のケアをする19歳の娘が、病気をより理解し、ケア方法を改善したいと考えて開発したVRは、アルツハイマーやパーキンソン病といった病がどのようなものかを体験できるもの。VRを通しての実体験をもとに、より親身なケアやサポートが可能になるとしている。 またアメリカでは、孤独感や社会的孤立による健康障害の予防に開発されたAIもある。呼びかけなくても、AIが自発的に高齢者との会話を始め、家族や友達と連絡したり、薬の服用を促したり、天気が良いので外出するよう奨励したりするものだ。 高齢者でも負担にならないロボットのペットや、バイタルサインや転倒事故などを自動検知するスマートウォッチも開発されている。スマートウォッチは、従来の「見張り型ペンダント」の装着を高齢者が嫌がったことから開発されたもの。若い世代が利用しているスマートウォッチの形で、従来と同じような見張り機能を装備しているので、抵抗なく受け入れられているという。 こうした高齢者を年寄り扱いしない、彼らの感情に寄り添った対応も今後より必要になって来ることであろう。

【関連記事】