Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“後方排気”のTZRに個性が際立つ!レーサーレプリカの系譜【ヤマハ編】

配信

&GP

バイクが最も熱かった時代として今も語り継がれる1980~90年代の「レーサーレプリカブーム」。まだその熱気を生々しく記憶している人も多いことでしょう。そんな熱き系譜をメーカーごとに振り返るシリーズ企画。第2弾はホンダと激しいライバル争いを繰り広げたヤマハです。その競り合いは“HY戦争”とまで呼ばれました。 【歴代モデルの写真はこちらから】

レプリカブームのきっかけとなった「RZ250」

まだ、国産メーカー各社のラインナップに2ストと4ストが揃っていた時代、ヤマハのレーサーレプリカも2スト250ccクラスの「TZR250」、4ストでは250ccクラスに「FZR250」、同400ccクラスには「FZR400」を揃え、ホンダを始めとするライバルに対抗していました。 しかし、レーサーレプリカを語る前に避けては通れないのが1980年に発売された「RZ250」です。フルカウルの装備が許されていなかった時代だったため、見た目こそネイキッドマシンですが、同社のレーシングマシン「TZ250」からフィードバックされた水冷並列2気筒の2ストエンジンとモノクロス式サスペンションを備え、発売当時は“TZレプリカ”と称されました。350ccの「RZ350」もラインナップされ、こちらは“ナナハンキラー”という異名で呼ばれるほどの速さを誇りました。このマシンの大ヒットにより、環境規制で消滅しそうだった2ストスポーツが再燃。後のレプリカブームにつながったのです。

ブームを牽引した「TZR250」

元々、2ストを得意としていたヤマハが1985年に送り出したのが「TZR250」。フルカウルをまとったスタイルと、同社の市販レーサー「TZ」とワークスレーサー「YZR」を合わせたようなネーミングは大きな支持を集め、レプリカブームの到来を決定的なものとします。 クランクケースリードバルブ式のエンジンをアルミツインチューブフレームに搭載するという形式もレーサーと同様。55万円という当時はクラス最高値のマシンでしたが、その戦闘力は圧倒的で、峠もサーキットもTZRであふれるという状況を巻き起こしました。 ライバルメーカーが“打倒TZR”を掲げて開発を加速させたと言われるほどの速さを誇りましたが、そのライバルたちの進化を受けて1988年にマイナーチャンジが行われます。外観こそ大きく変わっていませんが、エンジンはメッキシリンダー化され、点火方式はデジタルCDIに。ラジアルタイヤを装備し、型式名称も改められるという力の入ったモデルでした。デザイン変更がなかったことと、同年登場の“ハチハチ”「NSR250R」のインパクトが大きかったため、地味な存在ですがマニアの間では非常に評価の高いモデルです。

【関連記事】

最終更新:
&GP