Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

七夕に「運命の人」と出会っちゃうウッソみたいなホントの話。前編【女子鉄ひとりたび】4番線

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

元祖鉄道アイドル、今は「鉄旅タレント」として鉄道をアツく語る、木村裕子が日本各地の魅力的な路線を紹介する“女子鉄ひとりたび”。今回はとある七夕の日に出会った、ウソのような淡い淡い恋心? 京都府の私鉄沿線もしっかりレポートしています! (『女子鉄ひとりたび』著 木村裕子 より)では、その前半戦をお届けしよう。 七夕に「運命の人」と出会っちゃうウッソみたいなホントの話。前編【女子鉄ひとりたび】4番線 ■七夕に込めた乙女の「シタゴコロ」?  関西地区の乗りつぶしが佳境に入ったある七夕の日、京阪電気鉄道(けいはんでんきてつどう)(以下、京阪)の未乗車線区であった交野(かたの)線と男山(おとこやま)ケーブル(現・石清水八幡参道ケーブル)の2路線を訪れた。  関西地区には5つの大手私鉄があって、どの路線も車両やサービスにおいて個性を放っており、乗っていて飽きない。  私が京阪で好きなのは、「おけいはん」と命名されたイメージキャラクターの女性を活用した物語仕立てのキャンペーン。関西の鉄道イベントに出演したとき、ステージからお客さんにCMのキャッチフレーズである「京阪乗る人~?」と問いかけると、全員一致で合言葉のように「おけいはん~!」と返してくれる。  そういえば、私が19歳の頃、大阪のタレント事務所に所属していたとき、おけいはんオーディションに応募して1次の書類審査で落ちたことがあった。  ここだけの話にしておこう。  この日の旅は京阪のターミナルのひとつ、京橋(きょうばし)駅から始まった。七夕の日を選んでここへ来たことには訳がある。交野線沿線には、七夕にまつわる史跡や伝承が多くあり、七夕伝説の地とされている。そのため、当日に乗って物語を身近に感じてみたかったのだ。  京橋駅のコンコースには大きな笹の飾り付けがあった。お客さんが願いごとを短冊に記し、自分で飾れるという趣向。もちろん私も書いてみることに。掲げてある短冊には仕事のこと、家族のこと、趣味のこと、いろいろな想いが書かれてあったが、私の願いはこれしかない。 「京阪で運命の彦星と出逢えますように」  この数時間後、京阪の神様がこの願いを叶えてくれることになる。

【関連記事】