Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高田馬場、田中のナンパ…? DA PUMPの新曲が「空耳の宝庫すぎる」と話題に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Lmaga.jp

9月30日にリリースされる、DA PUMPの2020年第2弾シングル『Fantasista~ファンタジスタ~』が、ファンだけでなく「空耳界隈」でも話題になっている。 【動画】高田馬場に聞こえる?ミュージックビデオ サンバやフラメンコの要素を取り入れた、情熱的なラテンをテーマとした同曲。8月18日にティザー映像がYouTubeに公開されるやいなやSNSがざわつき始め、MVが公開されると「やっぱりサビが『高田馬場』に聞こえる(笑)」と、その疑惑が確信に至った様子。 映像では歌詞は公開されておらず、情熱的なメロディに合わせて連呼される「高田馬場」というシュールな空耳に、「一体どういうこと?」「なんで高田馬場?」と噂されていたが、その答えは8月26日に放送された音楽特番『FNS歌謡祭 夏』で明らかになった。 正解の歌詞は「Danza Carnaval(ダンザ・カルナバル)」。本来の歌詞をようやく知れたファンからは、歌詞が分かったあとも「やっぱり空耳が頭から離れない!」という声があがっている。 そして「高田馬場」以外にも、「パンパカパーン!」「田中のナンパ」「裸のラッパー」「戦うルンバー」「ハダカのまま」など、ツッコミどころが多い空耳がまだまだ多く眠っているという。楽曲は先行配信がスタートしているので、自身の耳で確かめたい。

【関連記事】