Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラムネと勘違い? 「ローションシート」誤飲を消費者庁が注意喚起…この夏増えるかもしれないその理由

配信

FNNプライムオンライン

「丸飲みに注意!」消費者庁が呼びかけ

パックシートをタブレット状に圧縮し、化粧水に浸して使用する「ローションシート」。 紫外線が気になるこれからの時期に活躍するスキンケアアイテムだが、「子どもが誤飲する事故が起きている」として、消費者庁が注意喚起を行っている。 【画像】見分けがつかない…食品に混ざったシートはどれ? 「タブレット菓子(ラムネ)と間違えて、圧縮された商品を誤飲する事故が発生しています!子どもが誤飲しないように保管場所に注意しましょう。また、丸飲みする癖のあるお子さんは特に注意が必要!」 このコメントともに、子どもの事故防止に関する情報配信を行う、消費者庁の公式アカウント(@caa_kodomo)が発信したのは、タブレット状の食品の中にローションシートを紛れ込ませた写真。 シートをぎゅっと圧縮したその見た目はラムネ菓子に似ており、写真ではすぐに見分けは付かない。 幼い子どもならばよく確かめずに口にポイと放り込んでしまう…というのも考えられるし、水分を含んで大きなシート状になれば喉に詰まってしまう可能性もあるだろう。 たしかに危険な事例だが、なぜ今このような注意喚起を行ったのだろうか。消費者庁にお話を聞いた。

熱中症予防で事故が増える可能性

――なぜ今回注意喚起を? 消費者庁は平成22年より、独立行政法人国民生活センターと共同で、医療機関から事故情報の提供を受けています。問い合わせが特に増えているということはありませんが、夏に入り、熱中症予防のための塩分補給サプリなどのタブレット菓子が身近になることも考え、注意喚起を行いました。 消費者庁によると、「リビングで食事をしていた2歳の子どもが『ラムネ』と言ったため見に行ったところ、『固かった、ごっくんした』と言った。子どもの手の届かないところに置いていたローションシートを椅子に登って取った可能性があり、受診した」という誤飲疑いの1件のみが報告されており、事故や問い合わせが特別多くなっている、ということはないという。 しかし、注意すべきなのは今後、熱中症予防のためのタブレットなどを口にする機会が増えること。 ラムネ菓子と間違えて食べてしまう…ということに加え、同様の事故が増えてしまう可能性があることから、今回注意喚起を行ったとのことだ。

【関連記事】