Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウォルピスカーター、自身初の東京・大阪ワンマン・ツアーを来年に延期 東京の振替日程が決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 “高音出したい系男子”としてハイトーンヴォイスを武器に動画投稿サイトにて「アスノヨゾラ哨戒班」を歌ってみた動画が1400万再生を超えた、絶大なる人気を誇る歌い手、ウォルピスカーターが、9月27日(日)東京と11月1日(日)大阪で予定していた自身初の試みとなる東京ワンマン・ツアーを来年に延期することを発表。  2017年、初ワンマンを東京・下北沢GARDENにて開催してから、同年には東京・新木場STUDIO COAST、2019年には東京・豊洲PIT、20年には豊洲PITにて追加公演と、着実に会場規模を拡大し、そのいずれもチケット完売という快挙を成し遂げたウォルピスカーター。そして今年は自身初となる東京(ZeppHANEDA)・大阪(ZeppNAMBA)ワンマン・ツアーを企画し、チケットも一般発売前にほぼ完売となっていましたが、昨今のコロナウイルスの状況を鑑み、なによりファンの安全を第一に考えた本人の意向もあり、来年に延期することとなりました。  自身のツイッターからも「ギリギリまで関係各位と相談を重ねた上での判断になります。(中略)僕を含めた関係各位もそうですが、なにより株主(お客様)の皆様の落胆は想像に難しくありません。この文章を見たら一刻も早く飛行機の予約をキャンセルしてください」とあるように、苦渋の決断だったと同時にファンへの気遣いも伝えられました。また「僕たちは今は来年に向けて精いっぱい皆様に楽しんでいただけるようライヴを作っていく事しかできません。どうかその日を待っていてくれると幸いです」と続け、中止ではなく“延期”の決断にファンからも「楽しみが来年まで伸びました」など、多くの感謝の声が寄せられました。  来年の東京公演の日程はすでに決まっており、2021年8月27日(金)場所は同じく東京・ZeppHANEDAとなります。大阪の日程は追って発表されますが、すでにチケットを購入した方のチケットはそのまま有効となり、予定が合わない方には払い戻しの対応も行なっています。また、元々予定されていた9月27日(日)には何かしらのオンラインイベントを企画中とのことです。 Yuta Ito

【関連記事】