Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

池ノ辺直子と伊藤さとりが見た、映画と映画界の今 (2) / 新作映画 『糸』『劇場』『ステップ』

配信

otocoto

映画が停止した世界で

舞台挨拶の司会をはじめ、映画コメンテーターや、映画レビュー執筆でも大活躍の伊藤さとりさん。新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の余波は、映画と共に生きる伊藤さんの仕事にも大きな影響を及ぼしたといいます。映画大好きな業界の人たちと語り合う『映画は愛よ!』の池ノ辺直子も、代表を務める予告編制作会社バカ・ザ・バッカの運営を進める上で10 年先を見越した決断を下したそうです。『映画は愛よ!』の特別編として、現状の問題も含め、今だからこそ話したいことを二人が語り合う特別企画。第2回は日本映画を中心に、公開延期になって待ち遠しい新作映画の見どころから、関連する過去の作品まで、話題は縦横に広がっていきます。 池ノ辺  配信やDVDで昔の映画を見る時間が増えたと思いますが、最近は何を見ましたか? 伊藤  私、りん・たろう監督、大友克洋キャラクターデザインの『幻魔大戦』(1983年)がすごく好きなんですよ。それで、大友さんが監督した『AKIRA』(1988年)が池袋グランドシネマサンシャインでIMAX上映が決まったのに合わせて、『幻魔大戦』も特別上映されることになったので、行く気まんまんだったんです。行けなかったから家のDVDで見直したけど、やっぱり面白い!しかも、美輪明宏さんの声は、宇宙の神秘そのもので五感に伝わって来るし、角川映画だから原田知世さんもボイスキャストに入っていて。 池ノ辺  『AKIRA』の前に、『幻魔大戦』があったわけですよね? 伊藤  超能力を持った人たちが力を合わせて戦うっていうのが『幻魔大戦』で、『AKIRA』は特殊能力を持った少年の話。だから『幻魔大戦』を見ると、原点のジャパニメーションの力強さ、ぶっ飛び方っていうのを見直せました。主題歌の『光の天使』なんてエンドロール見ながら歌っちゃいましたよ(笑)。 池ノ辺  超能力っていえば、私が最近はまったのはドラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(2014年)。小栗旬ってこんなにカッコよかったんだって思っちゃったぐらい面白かった。それで、彼は今どうしてるんだろう?と思ったら……。 伊藤  ハリウッドですよ!『ゴジラVSコング』に出ているんです。アメリカでは11月に公開予定だったので、日本も同じ頃だろうと言われていたんですけど、延びるかもしれないですね。

【関連記事】

最終更新:
otocoto