Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<M 愛すべき人がいて>「スチュワーデス物語」片平なぎさを連想? 話題さらった田中みな実の“怪演”振り返る 

配信

MANTANWEB

  歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)で、田中みな実さん演じる眼帯姿の謎めいた秘書・姫野礼香が「怖すぎる」「クセが強い」と、視聴者の話題をかっさらっている。歌手デビューを目指すアユ(安斉さん)に肩入れするマサ(三浦さん)に、礼香は嫉妬。ことあるごとに「私の目になってくれるって言ったよね……」と、眼帯をめくってマサに迫る姿に、1980年代の名作ドラマ「スチュワーデス物語」で片平なぎささんが演じた新藤真理子が、手袋を外して義手を見せる姿を連想する視聴者が続出している。これまでの田中さんの“怪演”ぶりを振り返る。 【写真特集】田中みな実が大暴走… 三浦翔平にブドウをぐいぐい

 ドラマは、小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)を原作に、ドラマオリジナル要素を加えた作品で、 “歌姫・浜崎あゆみ”の誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描く。安斉さんは、後に「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨するアーティストのアユ、三浦さんは、レコード会社「A VICTORY」を設立した名プロデューサー、マックス・マサを演じる。脚本は鈴木おさむさんが手がけた。ドラマの主題歌は浜崎さんの「M」。

 田中さん演じるマサの秘書の礼香は、決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女。長年マサに思いを寄せており、彼が離婚するのを待ち望んでいる。眼帯を付ける原因となった出来事にはマサが関係しているようで、ストーカー並みの執着心で彼を追いかけている。愛するマサがアユに肩入れするのが許せず、アユへの嫌がらせを繰り返す……というキャラクター。

 初回では、芸能事務所・中谷プロに所属するアユの才能に気がついたマサが、アユと頻繁に連絡を取るようになる。マサとアユが会うことになっていたレストランに礼香が現れ、マサに「専務(マサ)がアユさんと連絡を取っていることに中谷社長(高橋克典さん)が気づいたらしく、タレントを引き抜こうとしていることにひどくお怒りのようです。なので……アユさんは来ませーん」とホラーチックに言い放つなど、田中さん演じる礼香は視聴者に強烈なインパクトを与えた。

【関連記事】