Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【まとめ】観ているだけでビーチ気分!? 潮風を感じる海映画5選!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Safari Online

人生に迷う青年が伝説のビーチで成長していく『ザ・ビーチ』

名匠ダニー・ボイルの下、若きレオナルド・ディカプリオが“伝説のビーチ”を目指す青春アドベンチャー。一人旅でタイを訪れた青年リチャードは、見知らぬ男から謎の地図を受け取り……。実際にタイのピーピー諸島で撮影された本作だが、“伝説のビーチ”を目指すには何kmもの遠泳も必須! 希望にあふれたリチャードが離島に向かって広大な海を泳ぎ切るシーンでは、水中から上空から収めた映像に魅了される。 もちろん、たどり着いたビーチは、それらを上回る美しさで天国のよう。白い砂浜とエメラルドグリーンの海が脳内を幸せにしてくれる。そんな空間ではしゃぎ、泳ぎ回り、クラゲと戯れ、槍で魚を獲り、好きな女の子と夜の海でデートをするリチャードだが、その幸せは永遠に続くのか……? 人生に迷う青年がやがて自分と向き合い、成長する場として海が機能しているのもいい。

迫力のある大波シーンも随所に登場『ブレス あの波の向こうへ』

サーフィン+青春という、夏らしい組み合わせの作品。主人公は13歳のパイクレット。内気で文化系の彼が、友人のルーニーとともにサーフィンの魅力にとりつかれていく物語。オーストラリアの小さな街を舞台に、少年が大人の男へと階段を上る、まさに王道の青春ストーリーだ。パイクレットとルーニーを演じる2人は、なんと演技経験ゼロの初挑戦。どちらかというと、サーフィンの実力でキャスティングされたようで、波乗りの映像は本人たちが実演しているというからスゴイ。 そのためリアリティが抜群で、観る側もグイグイと引きこまれていく。迫力のある大波シーンも随所に登場するため、サーフィン好きならカラダが思わずウズウズしちゃうかも。さらに、波乗りだけでなく注目したいのが、2人が親しくなるベテランサーファーのサンドーが教えてくれる秘密の絶景や、神秘的な海中映像。この自然の映像の美しさにも魅せられて唸ってしまう。 一方で、青春映画のテイストも濃厚な本作。暴走しがちな悪友ルーニーとのやりとりやピュアな初恋など、若者の通過儀礼的エピソードもたんまり。心がぐっと締めつけられ、誰もが共感せすにはいられないはず。さらに胸に迫ってくるのは、パイクレットのサンドーへの憧れと、サンドーからパイクレットへの教え。人生の師と未熟な少年がサーフィンに絡めて交わすセリフは名言だらけ。「カラダと心を信じろ」、「やろうと決めた瞬間に半分達成している」……。原作がサーフ文学の金字塔『ブレス:呼吸』なだけに、鑑賞後はまるで小説を読んだような後味が楽しめる!

【関連記事】