Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でも諦めるな。高校最後の 舞台でプロ入りを射止めた選手たち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webスポルティーバ

昨年度の第98回全国高校サッカー選手権大会でのことだ。ベスト8に進出した四日市中央工のキャプテン、MF森夢真がちょっとした話題となった。 【写真】消え失せない日本サッカー界の偉業  1回戦から3試合連続の計5ゴールを挙げ、大会得点王となった実力もさることながら、卒業後の進路を「プロ1本」と公言し、この大会を「就職活動の場」と位置づけていたからだ。  チームは準々決勝で敗れ、「日本一になってプロにアピール」には至らなかったが、念願叶ってJ3のアスルクラロ沼津入りが決まった。ルーキーシーズンの今季、すでにJ3デビューも果たしている。  今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、日本では多くのスポーツ大会が中止となっている。  夏の甲子園やインターハイをはじめとする高校生の大会も例外ではなく、本来なら3年間の集大成となるはずだった舞台が次々に失われ、悲嘆に暮れる高校生は数多い。  そんな状況にあって、高校生アスリート、特にトップレベルの選手が頭を悩ませているのは、進路の問題だ。  本来ならプロへ進みたいのに、スカウトの目に留まる機会がない。あるいは、スポーツ推薦で大学進学を考えていたのに、大学関係者に見てもらえない。大会の中止は、そうしたグラウンド外での難題も引き起こしている。  幸いにして、サッカーの場合、冬の風物詩となっている全国高校サッカー選手権は開催される見通しだ。各都道府県では、すでに予選も始まっている。今年度最初で最後の全国大会を目指し、一度は落ち込んだ選手たちの気持ちも、再び高まっていることだろう。  もちろん、現実的に考えれば、まもなく卒業という時期に行なわれる大会の成果が、3年生の進路に与える影響は小さいのかもしれない。  だが、歴史を振り返ると、"選手権で就活"をしていた選手は、冒頭で紹介した森だけではない。以下の紹介するのは、最後の最後で夢を実現した選手たちである。

2002年1月、自国開催のワールドカップをおよそ半年後に控え、日本サッカーは空前の盛り上がりを見せていた。  その年行なわれた第80回大会を制したのは、国見。GK徳重健太、DF徳永悠平(ともに現V・ファーレン長崎)、MF柴崎晃誠(現サンフレッチェ広島)ら、のちにJリーガーとなるタレントを各ポジションに揃えた優勝候補筆頭は、前評判どおりの強さを見せつけ、2年連続5度目の優勝を果たした。  だが、決勝の相手は少々意外な伏兵だった。  3回戦ではインターハイ優勝の市立船橋を、準決勝では6名のJクラブ加入内定者を擁する前橋育英を次々に下し、打倒・国見の挑戦権を手にしたのは、これが初の決勝進出だった岐阜工である。  快進撃の立役者は、1回戦から準決勝まで5試合連続ゴールのFW片桐淳至。技術的には粗削りながら、愚直にゴールへ向かうエースストライカーの存在は、岐阜工の攻撃のすべてだと言ってもよかった。  決勝が行なわれた国立競技場でも、彼がボールを持って前を向くたびにスタンドが沸き、会場全体が期待感に満ちあふれた。DFに囲まれても強引に突破していくスピードと、体勢を崩しながらでも前へ突き進む力強さは際立っていた。

【関連記事】