Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【川崎】多摩川クラシコで圧巻のパフォーマンス。有言実行だった長谷川竜也と山根視来

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

長谷川は2ゴール、山根は2ゴールを演出

[J1リーグ3節]FC東京0-4川崎/7月8日/味の素スタジアム  4-0と、FC東京に会心の勝利を挙げた8日の“多摩川クラシコ”。川崎にとって勢いに乗れるゲームとなったが、2ゴールの長谷川竜也と、2ゴールを演出した山根視来の活躍を目にして、試合前々日に訊いていたふたりの言葉が印象深く蘇った。 【J1第3節PHOTO】FC東京0-4川崎|敵地に乗り込んだ川崎が4発圧勝で”多摩川クラシコ”を制する!  リーグ再開初戦となった4日の鹿島戦(〇2-1)。右サイドからの家長昭博のクロスを華麗なトラップで収め、左足で豪快に決めていた長谷川は、その2日後のオンライン取材で話を訊くと、こう力強く宣言してくれていた。 「トラップからシュートはイメージどおり。シュートは良いコースに飛んでくれました。次は複数得点を取りたい。まだまだ改善したいです」  チームが4-3-3の新システムを導入したなか、左ウイングでまさに水を得た魚のように躍動する俊敏なアタッカーはFC東京戦でも、28分にCFレアンドロ・ダミアンの落としをエリア内で受けて冷静に決めると、45分には、L・ダミアンのシュートのこぼれ球をしっかり詰めて追加点。まさに有言実行となる2ゴールを決めてみせたのだ。  ハットトリックを決められるチャンスを逃したのは反省材料だろうが、その好調ぶりはなによりも光った。  また今季新加入した右SBの山根視来も、6日のオンライン取材でこう話してくれていた。 「以前よりは周囲と関わるところ、タイミングは取りやすくなっています。ただ、効果的なチャンスにつながったり、観ている人の印象に残るプレーができているかというと、自分のなかではできてないと思っています。川崎に馴染んでいるだけでは僕じゃなくて良いのかなと思うことがある。だから走力や相手の怖い部分に入っていくという自分の特長をしっかり出さなくてはいけないと思います」  そして迎えたFC東京戦では23分には、右サイドでDF3人を巧みなステップで抜き、高速クロスを供給してL・ダミアンのゴールをアシスト。45分には右サイドを駆け上がって後方からの浮き球をダイレクトで中へ。長谷川のゴールにもつなげている。  山根も試合前の言葉通り、まさに“走力”と“相手の怖い部分に入っていく力”を示し、多くの人の印象に残るプレーを披露してみせたのだ  昨季、清水へ移籍した右SBエウシーニョの穴をなかなか埋められなかったチームにとって、山根は待望の人材と言えるだろう。  ちなみにふたりは大学時代から仲が良く(長谷川は順天堂大卒、山根は桐蔭横浜大卒)、互いの家に泊まりにいく仲でもあったという。  川崎の新時代を担うタレントとして、ふたりの存在感は今後も増しそうだ。 取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【関連記事】