Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「今は毛づくろいの気分じゃにゃい」生放送中、レポーターの背後で猫が喧嘩を勃発させる

配信

ハフポスト日本版

ネコは喧嘩したい時に喧嘩をする。それが生放送中であっても。 レポーターの自宅から5月15日に放送されたフィリピンのニュース番組で、飼い猫が突然喧嘩を始めて話題になっている。 【動画】生放送中に、喧嘩を始めた猫2匹 背後で始まった殴り合いに困った表情をするリポーター。助けを求めるように横をチラチラ眺めながら、なんとか番組を続けた。 喧嘩の被害にあったのは、ジャーナリストのドリス・ビゴニアさんだ。 アンカーを務めるABC-CBSのニュース番組でゲストをインタビュー中に、飼い猫のベラとナラが喧嘩を始めた。 その時の様子をビゴニアさんの娘ニッキさんがSNSに投稿すると、多くの人がいいね!し動画が拡散した。 ニッキさんは、喧嘩が勃発した時に別の部屋で番組を見ていたが、どうしたらいいかわからなかったとBoredpandaの取材に話す。 「赤ちゃんを一生懸命あやしていたのですが、その時に母がパニックになっているのが見えました。しかしありがたいことに、母は冷静さを保てていました!」 喧嘩勃発の理由は、ベラがナラの毛づくろいをしようとしたものの、ナラがその気分ではなかったことだそう。 ちなみに二匹はその後、仲直りしたようだ。仲良く毛づくろいする二匹の動画も、ニッキさんは投稿している。 ビゴニアさん自身も動画をシェアし「子どもたち!!!スタジオには守らなければいけない規範があるのです!!!!」とコメントしている。 新型コロナウイルスの影響でレポーターやゲストの自宅から放送する機会が増えており、動物たちが思わぬテレビデビューを果たしている。 アメリカでは、気象予報士が飼い猫と一緒に天気予報をし、視聴者を喜ばせた。

【関連記事】