Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いま売れてる2つのラク家電! 掃除と料理は自動でお任せ!

配信

MonoMax Web

子育て世帯を中心に、家事をできるだけ家電に任せて、自分の時間を作る傾向が強まっています。 特に料理と掃除の分野は、ほぼ全自動に近い製品が登場し、勢いよく売れているんだとか。 そこで今回は、数ある中でも大HITを記録している2つの傑作家電を実際に試してレポートします。

世界シェア7割超え! 角ピタな形で一寸のゴミも逃さない「ルンバs9+」

まず、ほったらかし家電の代表格として気になっていたロボット掃除機の「ルンバ s9+」を試してみました。 使ってみると、新型のD型ウルトラエッジデザインはかなり優秀! 部屋の角や、壁の隙間のホコリまで確実にとらえてきれいに掃除してくれました。 今までの円形ルンバの苦手分野が見事解消。 細かい角がある日本の部屋向きですね。 そして、2本のゴム製デュアルアクションブラシもとてもパワフルです。 カーペットでもフローリングでも、ゴミを逃がさずにかき込んでいました。

ほったらかしを極めた! ゴミを捨てる作業さえほぼ不要!

ルンバがクリーンベースに戻ると本体内部のゴミを自動吸引し、ダスト容器30杯分ものゴミを収納できるのが便利。 仕事から帰った後、ルンバのメンテナンスをしなくていいのはすごく楽でした! 紙パック式だから、捨てるのも簡単ですね。 また、ロボット掃除機はメンテナンスが面倒なイメージでしたが、こちらのルンバはダスト容器が水洗いができるんです。

ボタン一つで遠隔操作できた!

外出中に、アプリで掃除の様子が見られるのも安心です。 ルンバは数日操作すると、自動で部屋をマッピングして記憶してくれますが、そのマップがアプリに表示されて、どこを掃除したかわかるのが面白くて、小まめにアプリを見てしまいました。 これだけの性能を備えているのは、ルンバの中でもs9+だけなんです。 アイロボットジャパンのプレス担当者によると「値段が高くても性能がよいモデルが人気。こちらも発売と同時にロケットスタートを切り、先月出たばかりですでに予想を超える売行きです」とのこと。 この便利さなら納得です!

計画比売上5倍超え! パワーと操作性で差をつけたパナソニックの「電気圧力なべ」

圧力調理が安全で簡単にできる自動調理の電機圧力鍋が、昨年からブームです。 中でもパナソニックは、電気圧力鍋をずっと販売し続けており、その圧力と操作性のよさはピカイチと聞いて、試してみました。 まず作ってみたのは豚の角煮。 具材と調味料を鍋に入れたら、フタをしめてボタンを押し、待つだけ。 誰でも簡単にできるし、トロットロに柔らかくなって、むしろ自分で作るよりおいしかったです。 難しい火加減を自動で調節してくれるので、小魚なら骨まで柔らかくなるんだとか。 無水調理も可能です。

【関連記事】