Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シーズン停止中もNBAを楽しもう。トレーディングカード編その1、カードの楽しみ方【大柴壮平コラム vol.27】

配信

NBA Rakuten

新型コロナウイルスの影響でNBAがシーズンを停止してから、早1ヶ月が過ぎようとしている。アダム・シルバーNBAコミッショナーは未だリーグ再開を諦めていないようだが、もし可能だとしても数ヶ月先になる見込みである。観戦という最大の楽しみを突然奪われ、一体何をして余暇を過ごせばいいのかわからないと途方に暮れている方も多いだろう。そこで当コラムでは、試合観戦以外のNBAにまつわる趣味を折に触れて紹介していきたいと考えている。今回はその第一弾、トレーディングカード編である。

初めてサイン入りのカードを手にした時の興奮は20年経っても色あせない

今回トレーディングカードを紹介するに当たり、友人のコレクターに協力してもらった。私と一緒にポッドキャストをやっている通称にゃお君である。にゃお君は中学1年生だった1996-97シーズンからカードの収集を始めたという。NBA好きの父親の影響で当時BSで放送されていた試合や地上波深夜帯の情報番組などを観ながら、にゃお君自身もNBAに興味を持ち始めた頃の話である。 友人と一緒に寄ったスポーツショップでトレーディングカードが売られているのがふと目に入り、何の気なしに1パック購入したのが全ての始まりだった。当時は、選手の情報を集めるにはシーズン前に出る年鑑を買うか、テレビで断片的に仕入れるしかなかった時代である。元々選手のスタッツに興味のあったにゃお少年は、カード裏面に載っていたスタッツに目を輝かせた。好きな選手のカードを保有する喜びもあったが、それ以上に知らない選手のスタッツを見るのが楽しくなり、毎週小遣いをもらっては1、2パックずつ買い足していくようになった。 いつしか収集用のアルバムを購入し、選手名鑑代わりにそれを眺めるのが日課になったというにゃお君だったが、一過性に終わらずコレクターになったのにはきっかけがあったという。ある日、ブレント・バリー(当時ロサンゼルス・クリッパーズ)のサイン入りカード(以下、トレカ用語のオートを使う)が当たったのである。当時は240パックに1枚しかないという貴重なカードだった。 「その日お母さんに自慢したのを覚えています。すごいでしょ、ダンクコンテストを優勝したNBA選手のサインだよって。20何年経ってもいまだにその日のことを覚えているんです。20年前と今だとカードのサインの出やすさとかいろいろ違うんですけど、感動は多分一緒だと思うんですよね。今から始める人もきっと感動すると思います」