Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>57人感染…秩父、北本、ふじみ野など 富士見の感染小学校は再開、さいたまの小学校休校へ

配信

埼玉新聞

 埼玉県などは30日、新型コロナウイルス感染者を新たに57人確認したと発表した。内訳は、県管轄が41人、さいたま市5人、川口市5人、川越市3人、越谷市3人。 <新型コロナ>陽性20代男性、自宅待機中に急変 救急隊出動も保健所が搬送先調整できず「やむを得ない」

 これまでに確認された感染者は2256人(チャーター便帰国者含む)、死者73人。重症者3人。感染者の指定医療機関への入院は73人、一般医療機関への入院は181人。ホテル療養は103人、自宅療養は62人。1006人が退院し、療養終了は701人となった(30日午後5時時点)。  県によると、県管轄では10~50代の男女27人の詳細が判明。皆野町の40代女性が勤務する県内の飲食店ではこれまでに客や従業員6人が感染。秩父市の30代女性も別の県内飲食店で陽性者と接触があった。児童関連施設に勤める上尾市の40代女性、複数の感染者が出ている県内の会社に勤める北本市の30代男性も感染した。  また、29、30日に白岡市の障害者支援施設「太陽の里」の入居者と職員の感染が確認され、同施設の感染者は11人になった。富士見市は市立小学校に通う女子児童1人が陽性と判明し、同校を30日に休校、31日に再開するとした。

 さいたま市によると、新たに感染が判明したのは市内在住20~50代の男女5人。会社員の30代女性は勤務する都内の会社で陽性者が確認されていた。また市の発表以外に医療機関の検査で、市立小学校に通う10代男児の感染も分かった。同居家族が既に陽性だった。通っていた小学校では31日を臨時休校とする。  川口市によると、新たに感染が確認されたのは、10~50代の男女5人。40代の女性は家族に、50代の会社員女性は同僚に陽性者がいた。  川越市によると、新たに感染が確認されたのは、30~50代の会社員の男女3人。いずれも容体は安定している。都内に勤務する30代の会社員女性はふじみ野市居住で、同僚の感染が判明していた。  越谷市によると、新たに感染が確認されたのは、20~50代の男女3人。20代の外国籍女性は18日に感染が分かった20代の外国籍女性の濃厚接触者。20代のアルバイト男性も知人に陽性者がいた。50代の会社員男性は都内に通勤していた。

【関連記事】