Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型ウイルス 新たに3人感染 うち2人が自衛官 三重

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
伊勢新聞

 三重県は4日、20―50代の男女3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち男女2人は、それぞれ航空自衛隊と陸上自衛隊に所属する自衛官。県内の感染者は延べ530人となった。  県によると、航空自衛隊笠取山分屯基地(津市榊原町)で勤務する名張市の50代男性自衛官は先月28日に倦怠感があり、今月1日夕に発熱。2日に検査を受けて陽性と判明した。現在もせきがある。  男性自衛官は先月19、20の両日、大阪や滋賀など2府2県を旅行したといい、県は旅行中に感染した可能性が高いとみている。笠取山分屯基地の同僚ら5人を濃厚接触者として検査する方針。  陸上自衛隊明野駐屯地(伊勢市小俣町明野)でも、新たに20代女性自衛官の感染が判明。3日から37度台の熱がある。朝霞駐屯地(東京)での研修を終えて感染が判明した20代女性自衛官と寮の部屋が同じだったという。  このほか、菰野町の20代男性会社員は先月19と20の両日、愛知県内の実家に帰省していた。家族の感染が判明して検査を受けたところ、陽性と判明。今月1日から37度台の熱があるという。

伊勢新聞