Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ボールをふけるのは? 誤球してしまった場合は? 「球」に関するルールのまとめ【ゴルフルール早わかり集・ボール編】

配信

みんなのゴルフダイジェスト

2019年1月1日より施行された新・ゴルフ規則をわかりやすく解説する書籍「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より、球に関するルールをまとめてご紹介。しっかりおさらいしておこう。

球はルールに適合したものを使用します。 原則として、ティーイングエリアからプレーした球でホールアウトしなければなりませんが、 球を取り替えることができる場合があります。それぞれ見ていきましょう。

Q:公認球とはどんな球のこと?

答え:テストに合格しリストに載っている球のこと 解説:公認球とはR&AまたはUSGAのテストに合格した球のことです。「公認球リストに掲載されている球を使用しなければならない」というローカルルールが制定されている競技では、そのリストに掲載されている球を使用しなければなりません。

Q:球はいつでも取り替えられる?

答え:ホールとホールの間や、救済処置の際に取り替えられる。 解説:原則としてホールのプレー中は球を取り替えることができないが、ホールとホールの間では球を取り替えられます。また、規則に基づいて救済処置を受ける場合は球を取り替えることができます。たとえば、道路からの救済、ペナルティーエリアからの救済などで、取り替えが可能です。

Q:球をふけるケースとふけないケースは?

答え:球をふけないのはこの4つのケース 解説:インプレーの球を規則に基づいて拾い上げた場合、その球をふくことができます。ただし、次の4つの規則に基づいて拾い上げた球をふくことはできません。 1、球が切れたか、ひびか入ったかを確認するため。 2、自分の球かどうか確認するため。 3、他のプレーヤーのプレーの障害となるため。 4、球が救済を受けられる状態にあるかどうかを確かめるため

Q:球が切れたり、ひびが入った場合、どうすればいい?

答え:他の球に取り替えOK 解説:止まっている球が切れているのか、ひびが入っているのかを確かめたいときは、球の位置をマークして拾い上げて確認する。 ただし、球をふくことはできません。球が損傷していなければ 元の位置にその球をリプレースします。

【関連記事】