Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

素質があるうえ「皮膚が薄い」という 名馬の条件も備えるトレデマンド

配信

webスポルティーバ

厳選!2歳馬情報局(2020年版)第6回:トレデマンド  かつて、牝馬が牡馬混合のGIレースを制することは珍しかった。しかし最近は、男顔負けの強豪牝馬が次々に登場している。 【写真】ラジオNIKKEI賞で一発狙える「超穴馬」  ここ1、2年だけでも、アーモンドアイ、リスグラシュー、ラッキーライラック、グランアレグリアらが、牡馬一線級を蹴散らしてGI制覇。そして、先週のGI宝塚記念(阪神・芝2200m)でも、クロノジェネシスが2着のキセキに6馬身差をつける圧勝劇を披露して戴冠を果たした。  まさしく牝馬が強い時代。そんな状況にあって、これからデビューを迎える2歳馬の中にも、将来が嘱望されている牝馬がズラリとそろっている。  栗東トレセンの松永幹夫厩舎に所属するトレデマンド(牝2歳/父ディープインパクト)も、その1頭と言える。  母は、2014年にアメリカのGIスピナウェイS(アメリカ・ダート1400m)を制したコンドコマンド。そのレースでは、後続に13馬身以上突き放して勝利を飾った。ほかにも、GII戦を2勝するなど、アメリカで十分な実績を残した牝馬だ。

引退後は、日本で繁殖生活をスタートさせたコンドコマンド。初子となったアルジャンナは、競走馬のセリ市「セレクトセール」で1億7000万円(税別)という高値で落札された。  実際、アルジャンナはデビュー戦を楽勝。2戦目のGIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)でも、のちに二冠馬となるコントレイルには完敗したものの、2着と奮闘した。  その後も、重賞戦線で善戦を続けて、GI日本ダービー(東京・芝2400m)に出走した。結果は、最下位の18着に終わったが、まだまだ今後の活躍が期待される素質馬である。  そのアルジャンナの全妹となるのが、トレデマンド。同馬について、厩舎のスタッフたちはどう見ているのか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。 「トレデマンドについて、厩舎スタッフの間では『素質のありそうなタイプ。いいものを持っていそう』といった共通認識があるようです。さらに、ディープインパクト産駒特有の軽さがあって、そのうえで『力強さも兼ね備えている』とのこと。気性については、『テンションが上がりやすいタイプではなく、扱いやすい』と聞いています」  コメントだけ見ると、現時点では悪いところは一切なさそうだ。加えて、同馬の馬体についても、スタッフたちの評価は高い。トラックマンが続ける。 「(トレデマンドは)がっちりとアカ抜けた馬体の持ち主であり、それでいて『牝馬特有の丸みもある』とのこと。ふっくらした体つきは、見た目もいいそうです。

また、『皮膚が通常の2歳馬より一枚薄い』といった声が聞かれました。皮膚の薄さは、ホースマンが名馬の条件としてよく挙げるポイント。そういう意味では、いい特徴を秘めていると言えるのではないでしょうか」  現在、同馬は放牧に出ていて、状態を見ながらデビューの日程を検討していくという。なお、距離については「ゆったりと走れる長めの距離のほう向いているかも」と、厩舎スタッフは話しているそうだ。  兄同様、デビュー前から大きな期待を寄せられているトレデマンド。どんな走りを見せてくれるのか、初陣の日が来るのが待ち遠しい。

河合力●文 text by Kawai Chikara

【関連記事】