Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

緊急事態宣言解除後も6割以上が“外出が不安” 「新しい生活様式意識調査」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

auコマース&ライフ(以下、aCL)は、新型コロナウイルスが生活者の「消費生活」どの程度影響を及ぼしたのかを計るため、「買い物に関するアンケート調査」を実施し、その結果を発表した。 調査結果は以下のとおりとなる。 1.緊急事態宣言解除後も6割以上が「外出が不安」 2.7割以上がコロナ禍以前と同様の外出ができるのは「半年以上先」と回答 3.コロナ禍によって変化した生活習慣の1位は「YouTubeやNetflixなどをよく見るようになった」 4.外出自粛期間中、約4割の人が「ECサイト・アプリ」で普段購入しないものを購入 5.98.1%が緊急事態宣言解除後も「ECサイト・アプリ」を利用したいと回答

緊急事態宣言解除後も6割以上が「外出が不安」

5月25日に新型コロナウイルス感染防止対策における緊急事態宣言が解除されてから、約1カ月が経ち「緊急事態宣言解除後の外出に対する不安」について尋ねたという。 全体の6割以上が「不安を感じる」と回答。性年代別で見ると30代女性が8割以上と、一番少ない40代男性より27ポイントもの差が生じていたとのことだ。

7割以上がコロナ禍以前と同様の外出ができるのは「半年以上先」と回答

「大きな不安を感じずに新型コロナウイルス感染拡大前と同様の外出ができるようになるまでの期間」は、77.0%の人が半年以上必要と回答。 そのうち「半年以降」と回答した人は全体の半数以上と、未知のウイルスに対する不安が明らかになったという。

変化した生活習慣の1位は「YouTubeやNetflixなどをよく見るようになった」

コロナ禍における自粛期間中に変化した生活習慣について17項目において聞いたところ、全体では「YouTubeやNetflixなどをよく見るようになった」が一番多く、次に「料理をする回数が増えた」「部屋着でいることが多くなった」が続く結果となった。 同社は、家の中にいる分、仕事や家事・育児以外の時間の過ごし方がテレビやサブスクリプションの映像作品を見る時間となり、料理に関しては特に今までは外で済ましていた「昼食」を自宅で作る機会が増えたものと推察している。 また、性年代別で見ると、特に女性において「部屋着でいることが多くなった」「メイクをサボるようになった」「ファッションアイテムを買わなくなった」なと、直接消費に影響のある事項をあげる人が多く見られたとのことだ。

【関連記事】