Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【解説】「死」ではなく「生きる」を支える…『生きる権利』を考える ALS患者嘱託殺人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
関西テレビ

嘱託殺人の罪で「安楽死」肯定する医師2人を起訴

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者に依頼され殺害したとして嘱託殺人の容疑で逮捕されていた医師2人が起訴されました。女性はツイッターで「安楽死」を望む発信をしていて、被告の医師の一人もインターネット上で「安楽死」を肯定する持論を展開していました。

「死ぬ権利」認める議論も

そもそも「安楽死」というのは薬物などを投与し患者の死期を早める行為のことで、延命措置を中止する「尊厳死」とは区別されています。「尊厳死」に関しては、1996年に京都府の京北病院で末期がんの患者に筋弛緩剤を投与し殺害した容疑で院長が逮捕された事件があり、我々のエリアでも経験のある事件でした。 一方、「安楽死」に関しては、2019年に放送されたNHKの番組で話題になった程度の認識で、海外での事例として捉えていましたが、その「安楽死」が議論となる事件が京都で発生しました。私は女性患者との面識はありませんでしたが、同じ大学の2学年上の先輩で学部も同じでした。海外の事例として捉えていたことが、いきなり身近な事件になりました。 我々の番組でも当初は「安楽死」にまつわる事件として取り上げ、1995年の東海大学医学部付属病院事件の横浜地裁判決で示された安楽死が例外的に認められる「4要件」 1:耐え難い肉体的苦痛がある 2:死が避けられず死期が迫っている 3:肉体的苦痛を除去・緩和する他の方法がない 4:患者の意思が明らか、 これらに合致するかなどをモニター画面などで説明しました。 一部の政治家からは、安楽死容認に向けた法整備が必要との声も上がり、ネットの世界では逮捕された医師を擁護する声もあります。この事件をきっかけに「死ぬ権利」を認める方向へ議論が始まることになりました。

ALS患者「私たちの生を否定しないで欲しい」

一方で、ALS患者はこの事件をどう捉えているかを取材してみるとまったく違ったものでした。特に、日本ALS協会副会長で近畿ブロック会長を務める増田英明さんのメッセージに心が動かされました。 ■増田英明さんのメッセージより ※以下 一部抜粋

【関連記事】