Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日産は「ノートクロス」を出せば売れる? コンパクトSUV戦国時代に挑む!! 

配信

ベストカーWeb

    2020年2月、ほぼ同じタイミングで登場した、トヨタ「ヤリス」と、ホンダ「フィット」。売れ筋であるコンパクトカーのガチンコ勝負は、今のところ、ヤリスがフィットを大きく突き放す、という結果となっている。 【画像ギャラリー】SUV戦国時代到来で競争激化中!! 国内3大メーカーのコンパクトSUVを写真でチェック!    発売当時、フィットは、同時に4つのスタイリングで登場したことで、世間を驚かせた。中でもSUVの雰囲気をまとった「フィットクロスター」には、注目が集まったが、一方のヤリスも4月に「ヤリスクロス」が発表され、秋にも国内での発売開始が予定されているなど、期待が高まっている。   そして、この2台と競合する「日産ノート」も、年内に次期型が登場する、とされており、この次期型ノートにも、なにかしらの派生車があるのでは、と噂されている。   日産といえば先日、コンパクトSUVの「キックス」が登場したばかりではあるが、コンパクトSUV全盛の時代であることから、ヤリス、そしてフィットと同じく、次期型ノートと同じプラットフォームでSUVを出してくる可能性もなくはない。   そこで、ちょっと気が早いが、「ノートクロスを出したら、ヒットするか? 」を妄想してみた。  文:吉川賢一/写真:NISSAN、TOYOYA、HONDA

ノート+SUVのクロスオーバー=キックス? 

    先日、国内発売開始となったばかりの「キックス」は、ボディサイズやホイールベース、そして1.2リッター3気筒の発電用エンジン+駆動用モーターのe-POWERなど、まさに現行ノートe-POWERのSUV版、となってしまうのだが、本記事では、キックスとは異なる「ノートクロス」を想定する。

新規デザインの採用がマスト! 

    このような派生車を開発する際、デザインのやり方には大きく2通りある。   ひとつは、ヤリスクロスのように、ベースとなるクルマの雰囲気を持たせながら、全く別のエクステリアを作る「新車開発パターン」と、ホンダのフィットクロスターのように、ベースとするボディへSUVクロスオーバーに見えるフロントバンパーやフェンダーアーチ、アンダーカバー、車高変更、タイヤ外径拡大をする「化粧直しパターン」だ。   前者のパターンの場合、ルーフの高さを変更したり、Aピラーを立てたりして、上屋の骨格変更までもしてしまうと、ベース車両で作り上げたバランスを、再び取り直す必要もでてくる。骨格の一部を変更しただけなのに、ハンドリングや乗り心地、音振性能が、大きく悪化してしまうこともあるのだ。そのため、後者と比較して、コストも時間も大幅に必要となってくる。   後者のパターンであっても、タイヤの外径を変更したことで車両重心の変化や、タイヤの違いによる影響は、バランス取り直す必要も出てくるが、前者に比べれば、さして問題ではない。   しかし「化粧直しパターン」のようなちょっとした違いでは、これらの派生車をもとめるユーザーに目新しさや、所有する満足感を与えることはできないように思う。   実は現行ノートにも、「C-Gear」や「C-Gear Limited」というSUVの雰囲気をまとった派生車は存在する。しかし、控えめすぎるアレンジのためか、その存在は埋もれてしまっている。   前者のように、新たなエクステリアのデザインを採用した方が、圧倒的に新鮮で、相当な商品アピールとなる。化粧違いとしてではなく、別物のクルマとしてみなされるのは、販売面でもやはり強いだろう。「ノートクロス」には、新たなエクステリアデザインを求めたい。

【関連記事】