Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小籔千豊 バンド活動が継続できている秘訣は?「うっとうしい人間が1人もおらんかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR『SPEAKEASY』。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”『TOKYO SPEAKEASY』。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。7月28日(火)のお客様は、ヒロミさんと小籔千豊さんです。

◆ドラムは1回も“やりたい”と思ったことがない(小籔)

――番組では、ジェニーハイ「不便な可愛げ feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)」がオンエア中 ヒロミ:すごいよね。天才だよね。 小籔:川谷(絵音)さんは曲を出すスピードが本当にすごいですし、この(音楽性の)質も。またBiSHのアイナちゃんも本当にかわいらしい、いい子です。 ヒロミ:これは(小籔が)ドラムをやっているんでしょ? すごいよなぁ。 小籔:ね、本当に信じられへんですよね。こんな人生になると思ってませんでしたもん、ほんまに。 ヒロミ:だって、別にやっていたわけでもないんでしょ? 小籔:ほぼ“0”ですね。やりたいと思ったことは1回もないですね。 ヒロミ:それでこれだけできるって、すげぇよな。 小籔:それはもう流れ流れで“責任感”が芽生えてきて。川谷Pというすごい人が(曲を)作り、がっきー(新垣隆)というすごい天才的なピアニストが弾き、(中嶋)イッキュウさんっていう、tricot(トリコ)のすごいバンドのボーカルで、くっきー!(野性爆弾)も忙しいのに話を聞いたら、「どれだけ忙しくても、ジェニーハイの曲を1周だけして寝ています」と。全部やってから寝ていますって聞いたとき、これ僕せなあかん状況に追い込まれてるじゃないですか。 ヒロミ:でもまぁ楽しいでしょ? 小籔:そうですね。でもこれは、ほんまにうっとうしい人間が1人もおらんかったから良かったですね、みんなが朗らかで。打ち上げとか楽屋でもみんな穏やかだし、楽しいんです。そんななかで1人でも腹立つ奴がおったら、俺多分もう辞めていたと思うんですね(笑)。“なんじゃこいつ”みたいな。 ヒロミ:お前のガス抜きを俺は結構しているからな(笑)。

【関連記事】