Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

節約にもうれしいGo To イート。お金のプロが教えるおトクな使い方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

10月から「Go To トラベル」の対象として東京都と東京都民が追加され、それと同時に「Go To イート」キャンペーンもスタートしました。おトクに旅や飲食をしようとする人も多いかと思います。 実際どんな制度なの? どう使ったらおトクなの? そんな疑問について、節約アドバイザーの丸山晴美さんに教えてもらいました。

Go To イートってどう利用するの?お金のプロがやさしく解説

旅行や飲食をおトクにしようという動きがある昨今ですが、今回はGo To イートをおトクに活用する方法をご紹介していきます。 「Go To イート」キャンペーンとは、10月1日からスタートした感染予防対策に取り組みながらがんばっている飲食店と、食材を供給する農林漁業者を応援するものです。 どちらも登録店舗のみで利用することができますので、利用したい店舗が対象であるかどうかの確認をしておきましょう。 「Go To イート」を利用するには2つの方法があります。

●プレミアムつき食事券を発行する

この食事券は都道府県ごとに発行され、登録飲食店で使えるプレミアム食事券(購入額の25%分を上乗せ)1万円分購入すると、1万2500円分の食事券になります。 この食事券は、1回の購入あたり2万円分の購入制限はありますが、何度でも購入することができます。お釣りは出ませんが、現金と併用して支払うこともできます。 販売開始は都道府県によって異なりますが、先んじて新潟県が10月5日に開始されました。販売終了は全国共通2021年1月末まで、有効期限は3月末までなので、使用期限に注意が必要です。 プレミアムつき食事券は、コンビニや商工会、郵便局、インターネットなどで購入することができますが、都道府県によって購入できる場所が異なるので、事前に確認をしましょう。また、プレミアムつき食事券は店内飲食だけではなく、宅配やテイクアウトを実施している店舗であれば、その支払いにも利用することができます。ただし、宅配専門業者での注文、支払いには使えません。 【プレミアムつき食事券のおトクな使い方】 ・食事券は予約不要なので、対象店舗でいつもの外食の支払いに利用しておトクに食べる。 ・対象店舗が行うテイクアウトの支払いにも使えるので、ご飯をつくりたくないときに仕事帰りなどに寄って購入、支払いをする。 ・対象店舗のオードブルや出前を取って、年末年始など人が集まる機会の飲食代として支払う。

【関連記事】