Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

実写版『ジャングル・ブック』今夜、地上波初放送!吹き替え声優は?

配信

シネマトゥデイ

 ディズニーの実写映画『ジャングル・ブック』(2016)が、6日よる9時から(一部地域を除く)フジテレビ系・土曜プレミアムで本編ノーカット、地上波初放送される。気になる吹き替えキャストや作品、ストーリーを紹介する。 圧巻の映像美!『ジャングル・ブック』【フォトギャラリー】  『ジャングル・ブック』は、ウォルト・ディズニーの遺作である同名アニメーション映画を、『アイアンマン』などのジョン・ファヴロー監督が最先端の映像技術を駆使して実写映画化したアドベンチャードラマ。ジャングルの動物に育てられた少年モーグリが、人間への復讐心に燃えるトラの存在をきっかけに壮大な冒険に身を投じていくさまを、色彩豊かなジャングルの美しい自然、仲間との絆、成長と共に描く。主人公の少年以外、全てCGで表現された驚異的な映像が話題を呼んだ。

 唯一の実写キャラクターである少年モーグリを演じるのは、オーディションで選ばれた新星ニール・セディ。彼のかわいらしい表情や演技は目を見張るものがあり、ファヴロー監督は「僕は彼の人柄が好きだった。テコンドーをやっているからアクションもできると思ったし、自信に満ち溢れていて、とても魅力的な個性を持っていた。彼の演技を観ると、みんな笑顔になったよ」とオーディション時の様子を明かしている。日本語吹き替え版では、ミュージカル「忍たま乱太郎第7弾」のしんべヱ役などで活躍する子役・北原十希明が声優を務めている。  ベン・キングズレーやビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソンなどのスターが担当した動物たちの声は、黒ヒョウのバギーラを松本白鸚。母親代わりとしてモーグリを育てたオオカミのラクシャを宮沢りえ、オオカミの群れを束ねるリーダー、アキーラをアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのナレーションなどで知られる大川透。

 モーグリと兄弟として育った子供のオオカミ、グレイは、『アーロと少年』で幼少期のアーロの声を担当した子役・古賀瑠。モーグリの前に立ちはだかる残忍なトラ、シア・カーンは伊勢谷友介、巨大なニシキヘビ、カーは、「鋼の錬金術師」のエドワード・エルリック役や数多くの吹き替えでも知られる朴路美(路は玉偏に路)。

【関連記事】