Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

亀田誠治も「泣ける」と評した、新型コロナ当事者のリアルを歌うOK Go『All Together Now』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。6月7日(日)のオンエアでは音楽プロデューサーの亀田誠治がゲスト出演。リモートでの音楽活動や、今イチオシのアーティストについて語った。 【動画】OK Go『All Together Now』楽曲はこちら

“リモートプロデューサー”としての環境を強化

亀田は自粛期間中、「ステイホーム」をキーワードにして、自宅から動画をアップしたり、他の人たちとのセッションをしたりと、オンラインを駆使してリモートでできる限りのことをしていたそう。そのためWi-Fi環境を「徹底的に磨き上げた」という。 クリス:どこでも通信できる状態にしたんですか? 亀田:はい、オンラインでいわゆるセッションをしたりとか、いろいろなことができる通信速度にしたり、あとはウェブカメラを買ったり、マイクも揃えたりといったことをやりました。この2か月くらいでちょっとリテラシーが上がったかも(笑)。 クリス:リモートプロデューサー、リモートミュージシャンになっちゃったって感じですか。 亀田:そうですね。 クリス:ちょうど僕たちは今映像で、久しぶりに亀田さんのお顔も拝見しつつお話をしているんです。そこはおうちですか? 亀田:これは僕の仕事部屋、自分のスタジオです。 クリス:うしろにベースとギターが見えます。亀田さんはそういった意味では、ステイホーム期間中はそれなりに蓄えたというか、力を付けた、進化したわけですよね。 亀田:その手ごたえはあります。今日お話をしていくことに繋がっていくんですけど、リモートを通じてコミュニケーションをするということが、我々ミュージシャンにとって、すごく重要になってきています。

実は難しいリモートセッション「0.01秒遅れると…」

リモートを駆使した音楽活動には「わりと素直にシフトができた」と語る亀田だったが、「音楽を同時にセッションするというのがめちゃ難しい」と、苦労があることも明かした。 亀田:なによりもスタジオで一緒に対面で演奏するときの「あうんの呼吸」とか“間”といったものがPCの画面からは感じとれないんです。一生懸命オーラを……オーラの達人になりつつあるぐらい頑張って出すんだけど、なかなか。 クリス:リモートオーラの達人、曲のタイトルになるね。 亀田:(笑)。なかなかうまくいかなくて。音楽をやるうえで最大の問題、難しいのはデジタルの遅延なんです。ちょっと遅れるんですよ。自分の演奏している音がちょっと遅れるということが問題です。ソフトとかもいろいろと改良されていて「遅延はほとんど気になりません」というレベルの、いわゆるプロユースに近いソフトを使っていても0.01秒遅れると、もう僕らの世界では、めちゃくちゃ“もたって”聴こえる。気持ち悪いの。 クリス:これがジョージ・クリントン、Pファンク系だったらもたっていいのかもしれないけど、バックビートがありすぎるみたいな。 亀田:そう(笑)。「なんか重たくね?」みたいな感じになっていっちゃうので。みなさんが自粛期間中に観たり体験しているリモートセッションというのは結局、同時にみんなが鳴らすというよりも、いわゆる「音つなぎ」で、誰かが初めにドラムを叩いて、そのデータをもらってベースを弾いて、そのデータをもらってギターを乗っけて、最後にボーカルを乗っけていくみたいな、音つなぎ方式でほとんど作られているんです。 クリス:最終的にトラックの微妙なズレをまた、合わせてということですよね。 亀田:なのでメッチャ手間がかかるわけ。星野 源ちゃんの「うちで踊ろう」の動画に、それぞれみんながおうちで合わせて、音をかぶせていったじゃないですか。ああいうことをプロのミュージシャンたちもやって、いわゆるリモートセッションというのは作り上げられている。 クリス:生でのセッション、ライブセッションというのはまだまだ難しい。みんなでパートの録音をして最終的に作品としてすばらしいものが作れるけれども、生のセッションはいまだにできないということですよね。

【関連記事】