Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柵越え惜しい~!中日1位石川昂弥が左中間フェン直の三塁打でまたまたアピール「全体的に悪くない」

配信

中日スポーツ

 期待のルーキーがまたまたアピールした。中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(18)=東邦高=が29日、ナゴヤ球場で行われた2軍練習でのシート打撃で適時三塁打を放ち、存在感を示した。  投ゴロ、遊ゴロ、四球のあとの第4打席だ。1死二塁から左腕・浜田達と対戦。カウント2―2から内角直球をうまくさばくと、打球はあともう少しで柵越えという左中間最深部のフェンス上部を直撃した。  「きょう良かったのはあの打席だけだったのかなと思います」と振り返った。  自粛期間明けから3度目の実戦形式となったこの日のシート打撃では、3打数1安打1打点、1盗塁。25日は1安打、前回26日は本塁打を含む3安打とここまで快音が止まらない。  打撃の状態について「全体的には悪くはないと思います。結果も出ているので。微調整しながら、どんどん良くなっていけばいいのかなと思います」と意気込む。打撃練習では、左翼方向へ、ラインドライブしない打球を放つためのスイングを身に付けようと日々、研さんを積んでいる。

【関連記事】