Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサートが無観客で実施 デジタル・コンサートホールで無料配信

配信

CDジャーナル

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のヨーロッパ・コンサートが5月1日(金)に独ベルリン・フィルハーモニーにおいて無観客で実施され、ベルリン・フィルの映像配信サービス“デジタル・コンサートホール”でも同日日本時間18:00に無料配信されます。  1991年より毎年、欧州の歴史的なロケーションにおいてヨーロッパ・コンサートを開催しているベルリン・フィル。今年の演奏会は、ヨーロッパ・ツアーの幕開けとしてテルアビブで計画され、ドイツ大統領フランク=ヴァルター・シュタインマイヤーがイスラエル公式訪問の一環として臨席する予定でした。しかし、新型コロナウィルスの影響で大統領の訪問は延期となり、ツアー自体もキャンセルとなりました。  今回の演奏会は、この状況を受け、ベルリン・ブランデンブルク放送と映像制作会社ユーロアーツの協力のもと、ベルリン・フィルハーモニーで無観客で実施されることになったもの。シュタインマイヤー大統領は、冒頭で短い挨拶を行なう予定です。  演奏会は、ベルリン・ブランデンブルク放送がテレビとラジオで生中継を行なうほか、“デジタル・コンサートホール”でも同日(5月1日)の日本時間18:00よりライヴ配信されます。アクセスは無料です。感染が防げる距離の規制および衛生上の条件を守るために、プログラムは、室内アンサンブルによる作品に変更されます。  ベルリン・フィルのインテンダントのアンドレア・ツィーチュマンと、首席指揮者であるキリル・ペトレンコ(Kirill Petrenko)、オーケストラ代表は「この困難な状況において、ヨーロッパ・コンサートの開催が可能になったことを、関係者の皆様に深く感謝申し上げます。当演奏会は、これまでも“統合されたヨーロッパ”を記念して行なわれてきましたが、このメッセージは現在、さらに意味を増しているように思われます。世界の聴衆の皆様に、音楽の喜びと、我々の連帯の気持ちを感じとっていただけましたら、幸いです」と共同コメントを発表しています。  ベルリン・ブランデンブルク放送インテンダント、パトリツィア・シュレジンガーは「ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサートは、つねに象徴的なメッセージを持ち、連帯をモットーとしてきました。現在ヨーロッパでは、自由を手放さなければならない状況が生まれていますが、我々は、ベルリン・フィルの音楽の力によって、再び統合されます。当演奏会を中継することは、ベルリン・ブランデンブルク放送にとって特別な喜びです」とコメントしています。

【関連記事】