Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナの影響は不妊治療にまで「治療の延期を考えて」と学会から声明が…

配信

女子SPA!

 新型コロナウイルスの影響で立会い出産ができなかったり、出産後の面会に制限が設けられたりすることに深い悲しみを感じている妊婦さんは多いもの。  一方で見過ごされやすいのが、不妊治療をしている女性たちの悲痛な声。コロナは「我が子を授かりたい」という女性たちの希望までをも奪おうとしています。

昔からの生理不順。自然妊娠は無理だと思い始めた不妊治療

「昔から生理不順で、生理痛も酷かった。基礎体温は付けていたけど、いつもぐちゃぐちゃで。自然妊娠は無理だと思い、不妊治療を始めました。」そう語る宮崎幸子さんは、結婚1年後から治療を開始。 「前の病院では『クロミッド』という排卵誘発剤の服用やhCG(妊娠中に産生されるホルモン)注射をしていました。」  転院先となった今の病院では「クロミッド」を服用しながら様々な検査を受けつつ、結果によっては体外受精も考えようと担当医と話していました。しかし、コロナの影響によって「妊娠したい」と「妊娠してもいいのか」という狭間で苦しむことになります。

不妊治療の延期を選択肢として考えてほしい、と声明が

 事の発端は、日本生殖医学会が「不妊治療の延期」を選択肢とするよう声明を出し、それを患者さんに提示するよう病院へ会告があったことでした。この声明は受診や医療行為に関連した新たな感染を防ぐことを目的とし、治療薬として期待されているアビガンを妊婦さんが使用できないことも考慮したもの。胚凍結や人工授精・体外受精・胚移植・生殖外科手術の延期などを選択肢として考えてほしいという内容です。 「凍結胚や凍結卵子の使用が妊娠率に影響を与えないことは、多くのエビデンスで示されている」そんな情報を知っても、幸子さんの心境は複雑でした。 「4月の上旬に担当医から治療の延期を提示された時は動揺しましたが、先生方もそう言うしかないんだろうなと思いました。でも、もし自然妊娠だったら誰かに『妊娠するか考えた方がいい』とは言われない。不妊治療の不自由さを痛感しました。」

「妊娠したい」と「妊娠してもいいのか」の狭間で迷う日々

 この会告に強制力はないため、幸子さんが通っている病院では、治療の延期を選択した人はいなかったようです。幸子さんもその場で治療継続の意志を伝えましたが、時間が経つにつれ、自分の下した選択を「本当にこれでいいのだろうか」と悩み始めています。迷ってしまうのは、夫が医療関係者であることが大きく関係しているそう。 「担当医と話した時は夫の勤務先の病院にコロナの患者さんはいませんでした。でも、1週間も経たないうちに状況は激変してしまって……。」  万が一、夫や自分が感染し、通院時に他の患者さんへ移してしまったら。――そう考えると、「妊娠したい」という自分の意志のみを通していいのかと考えてしまうのです。

【関連記事】